アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • アトピーを悪化させる合成洗剤の危険性

スポンサードリンク

アトピー悪化の一因?合成洗剤の残留に驚く

当ブログではアトピー改善におすすめのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホは記事の最後尾)もご覧下さい。

アトピー改善にこちらの記事もぜひお読みください。

○脱ステロイドと脱保湿、佐藤健二先生の講演会に行ってみた。知人の体験談も掲載中→佐藤健二先生のアトピー治療

○宇津木式なにもしないスキンケアで肌トラブル一切なし→脱保湿のスキンケア

○体質改善は食事から。簡単すぐできるレシピ満載。→簡単レシピ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに生活習慣全般を少しずつみなおしてきました(プロフィール)。

とくに合成洗剤には長年疑問を持っていました。

ただなかなか変えるきっかけがなく疑問をもちながら使い続けていましたが、子どものためになんとかしたいと思うようになりました。

私が試してきた色々な洗濯

今まで試してきた洗濯方法です。

①合成洗剤で全自動洗濯機使用

子どもが生まれてしばらくまで。

②石鹸で全自動洗濯機使用。

長男の乳児湿疹をきっかけに石けんに変えてみましたがうまく洗濯できませんでした。泡がすぐに消えてしまう、すすぎ液も何度かえてもにごったまま。

やがて洗濯物が黄ばむようになり、生乾き臭も発生するようになりました。

また合成洗剤の時よりもさらに洗濯槽の裏側にカビが発生しやすなりました。

洗濯槽の掃除に強い漂白剤を使いたくなかったのでプロに頼んでみたところ、一回8000円くらいかかりました。高い費用を払って掃除をしてもらってもあっという間に汚れが付着し、 どうしたらいいのか悩む毎日が続きました。

これではむしろカビの水で洗っているようなものではないかと思いました。

③石で二槽式洗濯機使用。

ネットで色々調べるうちに石けん洗濯には二槽式洗濯機がよいということを知りました。

撹拌力が強く自分で簡単に掃除ができるところが魅力です。

我が家はさいわい二槽式洗濯機が置ける間取りだったので迷わず購入しました。

二槽式洗濯機のパン(洗濯機を置く台)は長方形ですが、最近の住宅は正方形のパンを採用しています。正方形には全自動洗濯機かドラム式しか置けません。どなたにも気軽に二槽式洗濯機をおすすめできないのが残念です。

二槽式洗濯機での石けん洗濯は大成功。 それから10年程快適に石けん洗濯を続けました。

洗濯物を入れる

④現在はアルカリ剤がメイン。引き続き快適に二槽式洗濯機使用中。

私が快適に石けん洗濯をしているうちに世の中は進化していました。

泡立てずに洗える洗浄剤、アルカリ洗濯というジャンルが静かに浸透していたのです。

アルカリ剤は無機物です。河川に流されても有機物に分解してもらう必要がありません。地球にも優しいということで注目されています。

アルカリ洗濯が非常に快適で最近は石けんを使うことはほとんどなくなりました 。

⑤さらに現在はさまざまな洗浄剤を実験中。

合成洗剤の衣類への残留に驚く

石けん洗濯に変えたのは合成洗剤が衣類に大量に残留していることに気がついたからです。

ある時近所のフリーマーケットで子ども服を何枚か買いました。水だけで5分ほど撹拌して洗濯機をのぞきこんでおどろきました。盛り上がるほど泡だらけなのです。

水だけで洗ったので 服に合成洗剤が残留していたとしか考えられません。

その後度々フリマで服を買いましたが、洗う度に例外なく泡がいっぱい出てきました。

合成洗剤が衣類に大量に残留しているということをこの時はじめて知りました。

全自動洗濯機は脱水した後の洗濯物しか見ないので気がつかないと思いますが、二槽式洗濯機だったので気づきました。

この写真はリサイクル店で購入した大人のTシャツ1枚を水だけで5分間撹拌したものです。

この服をリサイクルに出した方が合成洗剤を使っていたかどうかは確認することができませんが、石鹸であればたとえ残留していてもこんなには泡立ちません。

1回目

洗剤の残留1

2回目

洗剤の残留2

3回目

洗剤残留3

4回目

洗剤残留4

5回目

洗剤残留5

この後さらに数回すすぎましたが泡が完全にきれることはありませんでした。たった1枚でこの泡です。何度もリサイクルの服を買ってためしてみましたが毎回同じ結果でした。

アトピーの子どもさんが洗剤だらけの衣類を身に着けて、洗剤だらけのタオルで顔を拭いていると思ったら怖いですよね。

合成洗剤特有のにおいもなかなか取れません。5回か6回洗ってやっと薄まります。

ちなみにこの写真は、いつも石鹸で洗っている服を5分間水だけで撹拌したものです。

石けんは残留なし

何も残留していないことが分かります。

簡単でアトピーに優しい洗濯のコツをお伝えしたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

洗濯のコツはこちら

いろいろな洗剤をためしてみるはこちら

・アルカリ洗濯はこちら

・二槽式洗濯機洗濯機はこちら

・全自動洗濯機はこちら

・水だけで洗濯 シリーズはこちら


スポンサードリンク



Pagetop