アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • スキンケアの書籍の紹介

スポンサードリンク

「9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方」で脱ステロイド①

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホの場合は記事の最後尾)もご覧下さい。

スキンケアに関する記事は→こちら

洗濯のアイディアは→こちら

アトピーを守る掃除・片付け→こちら

和食のすすめは→こちら

検索窓もご活用ください。

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに生活全般をみなおすようになりました(こちら)。

その結果、症状が出ても薬を使わずにコントロールできるようになりました。

今回はステロイドを使わないことをすすめている本をご紹介します。

「9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方」

私のステロイドのリバウンド体験、その後のステロイド抜きでの湿疹の完治、

また宇津木龍一氏の著作「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」ーつけない・こすらない・洗いすぎないスキンケアによる肌の回復を経て確信したことがあります。

アトピーやすべての肌疾患の改善に有効なのはステロイドや保湿ではなく肌自身の回復力を高めることだということです。

肌は外から何も足さなくても自分で回復する力をもっています。

知り合いがSNSで「9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方」という本を紹介していたので読んでみました。

発行は2016年2月です。

9割の医者が知らない 正しいアトピーの治し方

著者は

藤澤重樹(藤澤皮膚科院長・東京都練馬区)

日本大学医学部卒業。国立予防衛生研究所で腫瘍免疫の研究で医学博士号取得。静岡県立こども病院、社会保険横浜中央病院皮膚科部長、日本大学医学部講師を経て、練馬区大泉学園に藤澤皮膚科開業。

著書:『ストロイドはもういらない アトピーの治し方』『アトピー治療革命』

ベテランのお医者さまですね。

この本は文字も大きく行間も広く読みやすいです。そしてわかりやすい文体。たくさんの図や表、イラスト、大事なところにピンクのマーカー、とさくさく読める工夫がされています。

お出かけの時バッグなどにしのばせておけばあっという間に読めるでしょう。

ステロイドに頼らないという選択肢があるということを知って頂けたらと思います。

私は「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」と基本的に考え方が同じなのですんなりなっとくすることができました。

ではどのようなことが書かれているのかいくつか書き出してみます。

ステロイド頼みのアトピーの標準治療を見直す

昔は小学校に入る前はほとんどの人がなおっていたアトピー。

ステロイドによる標準治療が広くおこなわれるようになったのに、現在は「大人になっても治らなくなり、しかも重症になって苦しむ患者さんが激増」しているそうです。

「本当にステロイド重視の標準治療で改善するのか? むしろこじらせているのではないか」と問いかけています。

そもそもステロイドが標準治療になってしまったのは患者さんにもお医者様にも問題があると思います。

まず、すぐに結果をほしがる患者さんが多いということです。

ステロイドは魔法の薬。すっとひと塗りできれいになおったような状態になります。本人の努力は何もいりません。

・不快な症状をがまんする
・身体によい食事に切り替える
・規則正しく運動をする
・過剰なスキンケアをみなおす
・寝具や部屋を清潔にたもつ

といった生活改善の努力なしに一瞬でなおったかのように見せてくれるステロイド。

ただしなおったわけではなく症状を抑えているだけなので、その後いたちごっこになり、使用の長期化と強いステロイドへの移行という問題がでてきます。

それでも一瞬できれいな肌になる魅力は強く副作用のリスクにおびえながらもついつい使ってしまいがちです。

アトピーは何もしなければ自然になおる?

アトピーはステロイドで抑え込まなければ自然になおると本書には書かれています。ただしその場合「ゆっくり治療に向かうので地味に見える」。ステロイドのような即効性はありません。

「あわてずじっくり観察して、しばらく何もしないで不快感をがまんする。
何より努力して生活を改善する。それだけでほとんどの皮膚炎は消えてしまう。」

これは私の体験から強く確信していることです。

現在は医療が発達しているので薬に頼るのが当たり前になっているところが患者側の問題。
薬に頼ると肌は本来のなおす力が働かなくなります。

この本のタイトル「9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方」を見るとまだ9割のお医者さまがステロイドによる標準治療をされているということですね。

副作用のあるステロイド以外の治療法がほとんど提案がされていないという点でお医者様にも問題があると思わずにはいられません。

乳児湿疹はどう対応すればいいの?

アトピーとの区別がつきにくい症状に乳児湿疹というものがあります。

本書では「乳児湿疹は生理現象放っておけば自然に治る」という項目があります。

我が家の長男は0歳児の冬、突然顔が湿疹だらけになりました。

私は20代の頃湿疹で悩まされ、脱ステロイドで苦しい思いをしたのでものすごくショックでした。

まさか我が子も同じ苦しみを味わうの?

このままアトピーになったらどうしよう。もうパニックです。

でも薬に頼らずなおったという体験がありましたので、まずは心を落ち着かせ子どもをじっくり観察するようになりました。

ステロイドの治療は本質的な解決ではない、ただ症状を抑えているだけということを知っていて本当によかったと思います。

また運がよいことに親しい先輩ママが「乳児の湿疹は薬を絶対使わない方がいい」とアドバイスをくれました。
「病院に行っても病名もらうだけだよ」という不思議なことばをくれたのです。

この本を読むと乳児湿疹は短くて数ヶ月、どんなに長くても数年で自然治癒すると書かれています。あわててステロイドを使うと後々重症化する可能性があるそうです。

それでなくても赤ちゃんの薄い肌にステロイドを塗るなんて本当に怖いです。

その他本書の前半にはステロイドの特徴、危険性、脱ステロイドをサポートしてくれる医師をさがすこと、脱ステロイド中の心構えなども詳しく書かれています。

薬を使わないお母さんの子育てに寄り添う提案などもあり心強いです。

いろいろな選択肢があることを知ってほしい

長男が小学生の時仲のよい友達がアトピーでした。その子は皮膚科に連れて行かれいつもステロイドをぬっていました。

両親は共働きで忙しく食事は毎日あげものや買ってきたお惣菜の洋食ばかり。夕飯が遅くなるのでスナックがしなどをたくさん食べています。

またその子が遊びにくると長男が頭痛を起こすということが度々起きました。理由は衣類の柔軟剤の香りです。

ものすごく強いにおいの服を着ているので、冬など窓をしめきっていると息ができなくなるほどでした。

私は、薬を塗るまえにできることがたくさんあるのにと思いました。

身体に優しい和食中心の食事にする。化学物質が添加されていない安全な洗濯物を着せてあげる。などなど。

それでもなかなか自分の体験を話すことはできないものです。
「ステロイドはやめた方がいいよ」とは簡単には言えません。というのも立ち話ですむような内容ではないからです。

また私の体験は私一人のものです。たくさんの事例を知っているわけではありませんし専門家でもありません。

そして人はそれぞれ自分の価値観を大切に生きています。ほんの少し話したくらいで考え方を変えてもらうことは不可能ですし、間違って伝わっても大変です。

今まで身近にいた何人ものアトピーの知り合いに、ステロイドは使わない方がいいよとお伝えすることができずもどかしい思いをしてきました。このサイトを書きはじめたのはそれがきっかけです。

まずはステロイドを使わない治療方法があるということだけでも知って頂きたいと思います。

アマゾンや楽天のカスタマーレビューは?

ところでアマゾンや楽天のレビューを見ると賛否両論入り混じっています。

脱ステロイドなんてとんでもないという意見からとてもよかったというものまで多岐にわたります。

気になったのは、反対派の意見の中の、「脱ステロイドは時間がかかるのでできない」というニュアンスのレビューです。また仕事をしているので人の目が気になり取り組めないというのもありました。

私もステロイドをやめた時はリバウンドで顔が1年近くはれあがりました(リバウンドの状態はステロイドを使った期間や薬の強さにより異なります)。人と会う仕事をしていたのでどれだけ周りに心配や不快な思いをかけたかと思うと今でもいたたまれなくなります。

そして年頃なのにひどい状態の顔で毎日出勤していたつらい状況を思いだすと、とても気軽に脱ステロイドをおすすめすることはできません。結果も全く見えず長い暗いトンネルの中を進むような毎日なので大変な覚悟が必要です。

それでもあきらかに副作用のあるステロイドに頼り切るのはリスクが大きすぎます。

アトピーの方は、またアトピーの子どもさんを持つ方は薬にたよるまえにたくさん本を読んで色んな考え方があるということを知って下さい。

入門の1冊としてこの著書をおすすめします。

9割の医者が知らない 正しいアトピーの治し方

次回は脱保湿のことが書かれた後半(こちら)をご紹介したいと思います。

スキンケアに関する記事は→こちら

洗濯のアイディアは→こちら

アトピーを守る掃除・片付け→こちら

和食のすすめ→こちら

(illustrated by junko)


スポンサードリンク



Pagetop