アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • アトピーを改善する毎日の食事

スポンサードリンク

【アトピーを改善する食事】簡単トマトサラダと蒸しピーマン(7月3週・火 )

当ブログではアトピー改善におすすめのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホは記事の最後尾)もご覧下さい。

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る→こちら

体質改善は食事から。簡単レシピ→こちら

検索窓(スマホは記事の最後尾)もご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに食事をはじめとした生活習慣全般をみなおすようになりました(プロフィール)。

とくに食べ物は身体をつくる大切なものです。忙しいママでもつくれるシンプルなレシピをご紹介していきます。

簡単トマトサラダ

トマトは肌ケア効果の高いリコピン、疲れを取るクエン酸、腸内環境を良くする食物繊維、保湿効果が期待できるグルタミン酸など、アトピー改善が期待出来る栄養素がいっぱい含まれているお野菜です。

たくさん食べたい夏野菜の一つです。

ところがトマトは口腔アレルギー症候群と言って口のなかがいがいがしたりかゆくなりやすいお野菜です。

苦手な方も多いのではないでしょうか。

かゆくなる方にはトマトに火を通すレシピがおすすめです。症状がかなり軽減されます。

またアレルギーというほどではないけれど、あの皮のプチッとした食感が苦手という場合は切り方を変えるだけで食べやすくなります。

今日は手でちぎったトマトのサラダです。切り口がやわらかくなり子どもさんも食べやすいのではないかと思います。

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えてください。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。

簡単トマトサラダ

材 料:トマト2コ
調味料:オリーブオイル、塩・こしょう

レシピ

①へたを取る。
②手で食べやすい大きさにちぎる。
③塩をぱらぱらとふる。
④こしょうをふる。
⑤オリーブオイル少々を回し入れる。
⑥よく混ぜ合わせて出来上がり。

蒸しピーマン

材 料:ピーマン1袋、えりんぎ1パック
調味料:

レシピ

①ピーマンはへたと種を取り5ミリくらいの千切りにする。
②エリンギもピーマンに合わせて細長く千切りにする。
③蒸し器を用意する。
④蒸気が上がったらピーマンとえりんぎをいれる。
⑤ふたをして中火で3分蒸したら出来上がり。水気を切って保存容器に入れる。
⑥そのままお好みのドレッシングでサラダに。

かぼちゃ、ピーマン、えりんぎのサラダ

かぼちゃのゆでたもの(かぼちゃ1/8コを5ミリくらいの厚さにスライス、水を少々ふりかけラップをし、電子レンジで3分、裏返して3分。コツは同じ厚さに切ること)、塩こしょうをして味付けポン酢を少し回し入れる。

ピーマンのにがみにかぼちゃの甘みがよく合います。ピーマンが苦手な子どもさんでも食べてくれるかも?

ピーマン、えりんぎの卵炒め

炒り卵をつくり、お皿に取り出しておく。
ピーマン、えりんぎの水分を切ってフライパンで炒め塩こしょうをする。
炒り卵を戻して出来上がり。

7月3週(月)のレシピは→こちら 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの記事もよろしかったらぜひお読みください。

石鹸洗濯もアルカリ洗濯も上手にするには洗濯物の量を減らすことが一番大切です。身近なあるものを使って洗濯ものを劇的に減らすコツは→こちら

石けんよりいいかも。「メダカが泳げる洗浄剤」の記事は→こちら

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

(illustrated by junko)


スポンサードリンク



Pagetop