アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 素材別定番レシピ

スポンサードリンク

【アトピー改善和食中心レシピ】素材別定番シリーズ1 ごぼうの丸煮とチーズいため

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。
右側のカテゴリー(スマホの場合は記事の最後尾)もどうぞご覧下さい。
検索窓もご活用ください。

素材別定番レシピ

我が家の素材別定番レシピをこれからシリーズでご紹介します。

アトピーの子どもさんにはできるだけ手作りの、そしてたくさんのお野菜を食べさせてあげたいですね。

ただ料理を毎日作るとなるとママ(パパ)の労力は大変なものです。
ほとんど修行です…

時々外食などがあるとしても基本的に1日3回を365日ですから。

料理をたんたんと作り続けるのは簡単ではありません。

でも地味だけど価値のあるお仕事だと思います。

家族の健康を守るものですから。

私はフルタイムで仕事をしています。

買い物は週に一回宅配を利用。
合間でちょっと買い足しに行きたいと思うのですがなかなかスーパーに寄れません。

たとえ時間があったとしても仕事帰りに店内をぐるぐる回ってさらにレジに並ぶ、と想像しただけで気力が…(^▽^;)

そこでいろいろ負担軽減のための工夫をしています。

素材はできるだけまとめ買い、大量買いをしてなんとかもたせます(こちら)。

その他できるだけ「丸々」買いをするようにします。

例えば大根なら葉っぱも含めて丸一本。

かぼちゃはゴロンと丸一個。

キャベツも白菜も丸一個です。

その方が値段も安くてお得です。

切って売られているのより長持ちもします。

丸1本(個)を使い切る、大量のお野菜を使い切る、素材別定番レシピをご紹介していこうと思っています。

今日はその初回でごぼうです。

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えて下さい。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。

ごぼうの丸煮

ごぼうは良いうまみ、だしが出る最高のお野菜です。
ごぼうさえ入っていればどんなお料理もおいしくなりますよね。

ごぼうは食物繊維が豊富で便秘解消や腸を元気に働かせる力があります。
その他すぐれた栄養素が含まれておりアトピーの方には心強いお野菜です。

ただしアクが強いのがちょっと問題です。

かゆみが出るケースがあるかもしれません。しっかりアクぬきをすることをおすすめします(調理法によっては不要な場合もあります)。

このごぼうの丸煮はシンプルにごぼうのうまみをいただける最高のレシピです。

ごぼうの丸煮

材 料:中くらいの太さのごぼう1袋
調味料:こんぶ1枚、しょうゆ大さじ1、顆粒だし1/2本、ごま油

レシピ
①ごぼうはよく洗い包丁の背で皮をこそげとる。

②食べやすい長さに切る(できるだけ長さをそろえる)。
 アク抜きはせず加熱する(気になる方は水にさらしてアク抜きをし、水気をしっかりふきとってください)。
 なべを熱しごま油を入れてごぼうを3分くらい炒める。
 
③こんぶを下にしく。水2/3カップ、しょうゆ大さじ1(大さじ1〜2。お好みで調整してください)、顆粒だしを入れてフタをして弱めの中火で煮る。様子をみながら10分くらい煮る。水分がほぼなくなったら出来上がり。

④こんぶも食べやすい大きさに切って盛り付けて出来上がり。

ごぼうのチーズ炒め

ごぼうのチーズいため

材 料:太めのごぼう1/2本(フライパンで一度にできる分量。3人分)
調味料:とけるチーズ適量。塩・こしょう。

レシピ
①ごぼうはよく洗い包丁の背で皮をこそげとる。

②食べやすい太さの千切りにする。酢水にさらす。2回水を変える。
 キッチンペーパーにとり水気をしっかりとる。

③フライパンにサラダ油を熱しごぼうを2、3分いためる。塩・こしょうをする。
 ごぼうを3つに分けて上にチーズをふりかける。
 フライ返しでしっかり抑える。
 チーズが溶けたら裏返す。(チーズがのりの役目をしてごぼうがまとまっている。チーズが固まっていない場合はさらに熱しておいしそうな焦げ目がつくくらいになったら裏返す)。

④裏側も少し焼いて出来上がり。


スポンサードリンク



Pagetop