アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を

アトピーには和食


  • 食事について

スポンサードリンク

アトピー改善に最適な食事はママの手料理。ではどんなメニューがいいの?

私と長男のアレルギー体質をきっかけに生活を一から見直すことになりました。

まず大きく変えたのは食事です。

 

食事は大切です。

アトピー、喘息、アレルギー以前の問題です。ちゃんと食べないと健康な心身は維持出来ません。

 

それはだれでも分っているのですが…

毎日何を食べたらいいの?

コンビニ弁当? スーパーのお惣菜でもいい? 外食は?

私の長男(高校生)のクラスに、朝は菓子パン、昼はコンビニのおにぎり、夜はコンビニ弁当。それも毎日、という友達がいるそうです。

ご家庭にご事情があるのかなと思ったのですが、聞いてみたら「お母さんが仕事で忙しいから料理はしない」ということのようです。

それは極端としても出来合のもの(中食)や外食の回数が多いご家庭が増えていると思います。

ママが忙しい上すぐ買える環境がある、つい誘惑に負けてしまうというケースが多いのではないでしょうか。

 

私が子どもの頃はコンビニもなく夜は早めにスーパーが閉まり、外食は特別なイベントでした。

母親は料理を作らざるをえない状況だったと思います。

 

お正月は三ヶ日店が閉まってしまうから手作りのおせちは必需品だったでしょう。

 

便利な中食・外食は控えめに

買って来たお惣菜やお弁当は、

・カロリーが高い
・塩分が高い
・野菜が少ない
・添加物が入っている
・素材の安全性が分らない

と危険がいっぱいです。

忙しくてもお母さんの手作りをベースにして、中食・外食は時々にした方がよいですね。

アトピー改善には和食がおすすめです

私は和食をメインに頂いています。

ごぼうの丸煮

 

日本人が昔から食べてきたものが、身体に一番合っていると確信しているからです。

 

和食は長年かけて実験済みのレシピです。

最近入ってきた洋食が日本人の身体に合うかはある意味壮大な人体実験中です。

 

地域で季節にとれる食材を昔からの調理方法で頂くことがもっとも安心な方法です。

我が家では季節のお野菜と、魚、大豆食品を中心い頂いています。

とくに変わったものはつくっていません。

いわゆる普通のご飯です。

お母さんやおばあちゃんが出してくれるようなお惣菜が多いです。

はなやかさはないけれど優しい味のほっこりとしたレシピが多いです。

 

だけど現実問題、子どももパパも洋食大好きですよね。

 

健康に問題を抱えていないご主人様の場合はもしかするとなかなか理解、協力してもらえないかもしれません…

それでも子どもさんのこと、ご主人様自身の今後の健康のことを繰り返しお話しすれば必ず理解して頂けます。

 

和食ばかりでストレスがたまらないよう週末はご家族の喜ぶ洋食をつくるなどメリハリをつけることも大切です。

 

何より季節の食材でおいしい和食をつくれば満足してもらえるので大丈夫です。

 

現在私はフルタイムで働いており家事に使える時間は限られています。

またもともと料理に凝るタイプではないのでパパっとつくれるレシピ中心です。

 

簡単でおいしいレシピをこれからたくさんご紹介していきたいと思っています。


スポンサードリンク



Pagetop