アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を

和食の夕食


  • 一週間のレシピ

スポンサードリンク

アトピー改善 一週間和食レシピ7 特産野菜を頂く(4月2週)

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホの場合は記事の最後尾)もご覧下さい。

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

検索窓もご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに食事をはじめとした生活習慣全般をみなおすようになりました(プロフィール)。

とくに食べ物は身体をつくり整える大切なものです。忙しいママでもつくれるシンプルなレシピをご紹介していきます。

今回は4月2週目、月曜から金曜日までの5日間、夕飯のメニュー二品を掲載しています。

アトピー改善のための和食中心のレシピをご紹介しています。

買い物リスト付きです。献立をたてる負担を少しでも減らすことができましたら嬉しいです。

今週は地元のお野菜のらぼう菜を使ってみました。多摩地方で古くからつくられている野菜です。

私の住んでいる街では特産野菜の生産に力を入れたり、使った料理を出すお店を紹介したりと地域おこしの目玉になっています。

地産地消ということばがあります。

地域でつくったものを地域で消費することのメリットは、

・生産者の顔が見える。
・季節の野菜を頂くことができる。
・比較的低農薬で栽培されることが多い。
・お値段が安い、など。

輸送のエネルギーをカットできるので地球環境にも優しくよいことばかりです。

農家の無人販売や最近では大手スーパーでも扱ったりしていますので、見慣れないお野菜にもぜひ挑戦してください。

献立のマンネリをふせいでくれます。

今週のレシピ

買った食材

新鮮なお野菜を週の最初に買って下さい。

鮮度がもたない場合は途中で1度買い足して下さい。

○のらぼう菜1束、キャベツの葉4枚、しょうが1かけ、もやし1袋、アスパラガス8〜10本、モロッコインゲン1袋、キャベツ1/4コ、にんじん中2本、白菜1/4、大根500g

○卵1コ、青大豆1/2カップ、乾燥わかめ適量、ツナ1缶、かつおぶし、梅ペースト小さじ1

○特別な調味料
○めんつゆ3倍濃縮大さじ1弱、すりごま大さじ1、顆粒鶏ガラだし少々、とけるチーズ適量

※分量はすべて3〜4人前。

月曜日(←レシピはこちらをクリックして下さい)

○のらぼう菜のごま和え

○キャベツの甘酢しょうが

火曜日(←クリック)

○もやしと卵のいためもの

○アスパラガスのからし和え

水曜日(←クリック)

○モロッコインゲンのサラダ

○チーズキャベツ

木曜日(←クリック)

○青大豆の二杯酢

○にんじんツナサラダ

金曜日(←クリック)

○白菜いため

○大根の梅サラダ

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えて下さい。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

(illustrated by junko)


スポンサードリンク



Pagetop