アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 毎日のレシピ、一週間のレシピの使い方

スポンサードリンク

アトピー改善のための 和食中心 毎日のレシピ、一週間のレシピの使い方

前回からの続きです。

 

○月〜金まで毎日2種類のレシピを「毎日のレシピ」(右側のカテゴリー“毎日のレシピ”をご覧下さい)に掲載します。

○土曜日には「一週間のレシピ」(右側のカテゴリー“一週間のレシピ”をご覧下さい)として月〜金までをまとめたものをアップします。一週間に必要な素材も掲載します。

 

 

 

我が家の一日のメニュー

和食中心のレシピをご紹介していますが、洋風のレシピもかなり登場します。

その理由は…

 

 

朝食は和食です。

・ご飯
・みそ汁(豆腐と野菜)
・納豆or卵or野菜のおかずなど

ある日の朝食

 

食パンは食べていません。

食パンそのものに糖類、マーガリン、食塩、脱脂粉乳、油脂、乳化剤、イーストフード、などなどたくさんの添加物が入っています。

添加物はアトピーや喘息のかたにはよくありません(もちろん健康な人もできる限りとらないようにしましょう)。

さらにそのパンにマーガリンやバター、ジャムなどをつけて食べるということはほとんど「お菓子」です。

パン類は週末など楽しみとして少し頂くのがよいと思います。

 

 

昼食も和食中心

 

主人と私は手作りの和食中心のお弁当です。

・ご飯
・昨日の残りの野菜のおかずなど
・ちょっとしたメインになるもの。

 

長男は毎日「おにぎらず」です。

おにぎらずはおにぎりよりつくるのが簡単です。
腐敗しやすいものを入れないことだけ気をつけて下さい。
レシピをご紹介したいと思います。

おにぎらず

 

 

夕食

月〜金のレシピ+焼き魚や大豆製品(豆腐や厚揚げなど)。

 

 

週末

カレーやチャーハン揚げ物など、洋食や中華も楽しみとして取り入れています。

 

 

 

基本的にお肉はほとんど頂いていません。そのことはまた別に書きたいと思います。

 

 

という感じで、全体に和食中心なので毎日のレシピには気分転換として洋食が入っている日もあります。

その場合もバターやチーズを少し使うくらいのレシピにしています。

 

乳製品はほとんど使用していません。牛乳は飲みません。

 

食物アレルギーに関して

アトピーの方が食べると悪化すると言われている食品はたくさんあります。

完全に安全な食品は一つもありません。

Aさんは大丈夫でもBさんは重篤なアレルギーを起こすというケースもあります。

999人が大丈夫でも1000人目の方はだめかもしれません。

というわけでご紹介するレシピに対する責任は申し訳ございませんが負うことはできません。

自己責任でお願いします。

 

添加物のない手作りの食べ物、季節の食材をまんべんなく頂くという趣旨をご理解頂けますとありがたいです。


スポンサードリンク



Pagetop