アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 7月

スポンサードリンク

【アトピーを改善する食事】さやいんげんとしらたきの煮物とじゃがいものオリーブオイル和え(7月3週・月 )

当ブログではアトピー改善におすすめのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホは記事の最後尾)もご覧下さい。

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る→こちら

体質改善は食事から。簡単レシピ→こちら

検索窓(スマホは記事の最後尾)もご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに食事をはじめとした生活習慣全般をみなおすようになりました(プロフィール)。

とくに食べ物は身体をつくる大切なものです。忙しいママでもつくれるシンプルなレシピをご紹介していきます。

さやいんげんとしらたきの煮物

・さやいんげんβ-カロチンをたくさん含んでいます。β-カロチンは体内でビタミンAに変わり皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きをします。

食物繊維も多くふくみ腸内環境もよくなるのでアトピーの方にはたいへんおすすめの野菜です。

・しらたきの原料はこんにゃく芋です。

こんにゃく芋には生芋を原料としたものとこんにゃく粉をもとにしたものがあります。
とくに生芋には肌の保湿によいセラミドがたくさん含まれておりアトピー改善が期待できます。

また便秘の改善作用もありアトピーの方には積極的に食べて頂きたい食材です。

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えて下さい。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。 

さやいんげんとしらたきの煮物

材 料:さやいんげん1袋、あくぬきしらたき1袋

調味料:顆粒だし、しょうゆ大さじ1、みりん大さじ1、塩ひとつまみ

レシピ

①こんにゃく芋100%使用のしらたきを用意しました。
②さやいんげんはへたを切り食べやすい大きさに切る。
③しらたきはざるにあけさっと水で洗う。食べやすいよう4等分する。
④なべに水1カップ、顆粒だし、しょうゆ大さじ1、みりん大さじ1、塩ひとつまみを入れて沸騰させる。
⑤沸騰したら中火にしてさやいんげんとしらたきを入れる。
⑥ふたをして20分煮たら出来上がり。

じゃがいものオリーブオイル和え

いつものじゃがいもを簡単にアレンジ

材 料:じゃがいも2コ

調味料:オリーブオイル少々、塩、こしょう、あれば乾燥パセリ

レシピ

①じゃがいもは食べやすい大きさに切る。水にさらし水を切る。なべにじゃがいも、少し多めの塩、ひたひたより少し多い水を入れる。
②ふたをして強火にかける。沸騰したら中火にして8分ほどゆでる(※季節やじゃがいもの大きさで時間は変わります。おおよその目安です)。少し固めくらいで火をとめふたをしたまま3分くらい蒸らす。
③じゃがいもをざるにあけ水を切る。またじゃがいもをなべにもどし弱火にかけ水分をとばす。ふたをして軽く上下にふり粉吹きいもにする。
④オリーブオイル少々を回しかける。
⑤塩、こしょうする。※粒こしょうはピリッと刺激があります。
⑥乾燥パセリをふって出来上がり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの記事もよろしかったらぜひお読みください。

石鹸洗濯もアルカリ洗濯も上手にするには洗濯物の量を減らすことが一番大切です。身近なあるものを使って洗濯ものを劇的に減らすコツは→こちら

石けんよりいいかも。「メダカが泳げる洗浄剤」の記事は→こちら

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

(illustrated by junko)


スポンサードリンク



Pagetop