アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 毎日のレシピ

スポンサードリンク

【アトピー改善和食中心レシピ73】ズッキーニのオーブン焼きとにんじんオレンジサラダ(6月5週・水 )

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホは記事の最後尾)もご覧下さい。

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめ→こちら

検索窓(スマホは記事の最後尾)もご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに食事をはじめとした生活習慣全般をみなおすようになりました(プロフィール)。

とくに食べ物は身体をつくり整える大切なものです。忙しいママでもつくれるシンプルなレシピをご紹介していきます。

身体に優しいメニューでランチ会

今日は珍しく公民館の調理室からです。ママ友だちとの昼食会です。

ベテランママと子育て中のママが定期的に集まり、身体に優しいお料理や楽しいものづくりを子どもたちと一緒に楽しんでいます。

エコで身体に優しい料理がとても上手な花ちゃんママのレシピです。(今後こちらのサイトにレシピを提供して頂く予定にしています)

いつものズッキーニもちょっとパーティー風。チーズがぱりぱりしていておいしかったです。

お肉は使わずツナとちくわで仕上げています。ズッキーニはくせがなく和洋中華となんにでも使える便利なお野菜です。

使い慣れていない方にはおすすめです。レパートリーが増えます。

オーブンがない場合はフライパンで仕上げることも可能です。

この日はお料理をしながら、玉ねぎの皮を使った染め物と半紙と絵の具を使ったうちわづくりもしました。

うちわはただでもらううちわの再利用です。

どちらも捨ててしまうものでこんなきれいな作品が仕上がりました。

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えて下さい。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。

ズッキーニのオーブン焼き

材 料:ズッキーニ2本、ちくわ3本、とけるチーズ適量、ツナ1缶
調味料:ハーブソルト(ない場合は塩・こしょう)

レシピ

①ズッキーニは洗い水気を切る。ヘタを切り落とす。
 横1/2か1/3に切り、縦に4等分して拍子切りにする。
(長さを4〜5cmに切り、幅1cmの板状に切ってから縦に幅7mm〜1cmに切っていく)
 ちくわは長さを半分に切り、縦に二等分する。
②フライパンを熱しオリーブオイルを入れる。ズッキーニを炒める。うっすら焦げ目がつくまで炒める。
③オーブンシートを敷きズッキーニをひろげる。水気を切ったツナとちくわも広げる。
 とけるチーズをまんべんなく散らす。
 あればハーブソルトを多めに振る。ない場合は塩こしょうをする。
④余熱無し200度で10分〜15分焼く。チーズが香ばしくかりかりになったら出来上がり。
※オーブントースターを利用する、もしくはフライパンでも調理可能です。

にんじんオレンジサラダ

ズッキーニのオーブン焼きに似合う華やかなレシピです。

材 料:にんじん2本(300g)、オレンジ1コ、あればパセリのみじん切り、粗挽き黒こしょう(なければこしょう)
調味料:酢小さじ1、オリーブオイル大さじ2、はちみつ少々、塩小さじ1/2

レシピ
①にんじんは細めの千切りにしてボウルに入れ、塩小さじ1/2でもんで10分くらいおく。水気をしぼる。
②オレンジは皮をむき、白い薄皮をできる範囲で取り、半分に切ってから5ミリの暑さに切る。
③酢小さじ1、オリーブオイル大さじ2、はちみつ少々をまぜる。
④にんじんとオレンジをあえて出来上がり。

※1歳未満のお子様にはちみつは与えないでください。

※オレンジは輸入フルーツです。ポストハーベストなどが心配です。

よく洗い、皮は食べないことが大切です。また常食せず時々取り入れるくらいにしたほうがよいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

(illustrated by junko)


スポンサードリンク



Pagetop