アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 毎日のレシピ

スポンサードリンク

【アトピー改善和食中心レシピ52】豆苗のおひたしとサニーレタスと新玉ねぎのサラダ(6月1週・火)

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホの場合は記事の最後尾)もご覧下さい。

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

検索窓もご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに食事をはじめとした生活習慣全般をみなおすようになりました(プロフィール)。

とくに食べ物は身体をつくり整える大切なものです。忙しいママでもつくれるシンプルなレシピをご紹介していきます。

栄養価が高く肌の乾燥に効果が期待できる豆苗

豆苗はエンドウの若菜。昔は安定生産が難しく中国では高級食材として扱われていたそうです。

お肌のかさかさに効果のあるベーターカロチンがたくさん含まれています。

アトピー改善に積極的にとりたいお野菜です。

アクが少なく調理も簡単。子どもさんでも食べやすいです。
さらに豆苗には他のお野菜にはない楽しみが。

再収穫できるんです。

水をあげて明るい日陰におくともう1回収穫できます。
この写真は4日目のもの。たくましい生命力ですね。

夏場は根元がかびやすいので注意して下さい。

水をしっかりかえて清潔を保ち収穫を楽しんで下さい。

栽培方法等はこちらのサイト

年間通してお値段が安定しているのも魅力の一つです。

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えて下さい。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。

豆苗のおひたし

材 料:豆苗1パック
調味料:だし汁大さじ1、しょうゆ小さじ1.5、すりごま(黒)小さじ1

※豆苗はゆでるとかさが減ります。調味料は少なめで調整して下さい。

レシピ

①〜②豆苗の根を切り落とす。再収穫するためには切る場所に注意が必要。(サイトを参考にして下さい。)水でさっと洗い水を切る。
※本来水で洗う必要はありませんが豆の殻を取りたい、さっと洗いたい場合は洗っても大丈夫です。

③熱湯に塩をひとつまみ入れ豆苗をさっとゆでる。冷水に取って水気を切る。

④ボウルにだし汁大さじ1、しょうゆ小さじ1.5と豆苗を入れよく混ぜ、最後にごまをまぶす。

サニーレタスと新玉ねぎのサラダ

便利なストック野菜3種類(玉ねぎをさらしたもの、しめじ、ひたし豆)を使っています。

材 料:サニーレタス1/3、株新玉ねぎを下ごしらえしたものお好みの量。しめじのストックお好みの量、ひたし豆(青大豆)少々。
調味料:マヨネーズをお好みの量、塩・こしょう

レシピ
新玉ねぎを下ごしらえしたもの(二つ目のレシピ)をお好みの量用意する。
 ※色々使い回せます。ぜひ多めに作って下さい。

しめじのストック(二つ目のレシピ)をお好みの量用意する。
 ※何にでも使えますので週のはじめに用意しておくと便利です。

 ひたし豆(青大豆)をゆでたものを少々用意する。

③サニーレタスは洗って水気を切り手で食べやすい大きさにちぎる。
 新玉ねぎとしめじ、ひたし豆をマヨネーズであえる。塩・こしょうをする。
 レタスにのせながら頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

(illustrated by junko)


スポンサードリンク



Pagetop