アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 毎日のレシピ

スポンサードリンク

【アトピー改善レシピ⑫】和食 すくい豆腐のあんかけ&じゃがほうれん草(4月2週・火)

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホは記事の最後尾)もご覧下さい。

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめ→こちら

検索窓(スマホは記事の最後尾)もご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに食事をはじめとした生活習慣全般をみなおすようになりました(プロフィール)。

とくに食べ物は身体をつくり整える大切なものです。忙しいママでもつくれるシンプルなレシピをご紹介していきます。

大豆は良質のタンパク質で畑の肉と言われています。

動脈硬化を防いだり活性酸素の働きを抑えるサポニン、女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボン、カルシウム、ビタミンなど大切な栄養をたくさん含んでいます。毎日1回はいただきたい良質な食材です。アトピーの方にもおすすめです。

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えて下さい。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。

すくい豆腐のあんかけ

材 料:絹豆腐1丁、昆布5センチ

調味料:(だし3/4カップ、顆粒だし1/2本、みりん小1、しょうゆ小さじ1.5、塩少々)、片栗粉小さじ1強

レシピ

①鍋にたっぷりの水と昆布を入れて昆布をもどす

②弱火にかけ沸騰したらスプーンですくった豆腐を入れ中が熱くなるまで煮る。

③別の小鍋で調味料を煮立てる。片栗粉を同量の水で溶く。小鍋の火をいったん止め、よく混ぜた片栗粉液をなべに回し入れる。箸でかき混ぜたら弱火にかけよく混ぜとろみをつける。

④豆腐はしっかり水気を切る。あんをかけて出来上がり。

粗食のすすめ 秋のレシピ

 

『粗食のすすめ』シリーズは和食の粗食、季節の食材を頂くことの大切さを学ぶことができるすばらしいレシピ集です。

アトピーの方にはぜひ手元においていただきたい本です。

素材を生かすためかなり薄い味付けになっています。慣れない方は多少濃い目に作ると良いと思います。

このすくい豆腐のあんかけも少し濃い目の味付けにしています。

じゃがほうれん草

材 料:じゃがいも大1コ、ゆでたほうれん草1杷分。

調味料:塩、こしょう

レシピ

①〜②じゃがいもは皮を剥き5ミリの厚さにカットする。水にさらして水気を切る。電子レンジでラップをして4分加熱。

③フライパンに油をしきじゃがいもとゆでておいたほうれん草をいためる。

④塩、こしょうで味をととのえて出来上がり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

(illustrated by junko)


スポンサードリンク



Pagetop