アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を

しんとり菜と仙台麩の煮物


  • 毎日のレシピ

スポンサードリンク

【アトピー改善和食中心レシピ28】 しんとり菜と仙台麩のスープとパプリカのマリネ(4月4週・水)

レシピ16ののらぼうに続き「江戸東京野菜」を使ってみました。

しんとり菜。

味も食感も白菜に似ています。

 

地産地消のお野菜は、

・生産者の顔が見える。
・比較的低農薬で栽培されることが多い。
・お値段が安い。

などのメリットがあります。

 

農薬はアトピーに関係があると言われます。

例えば海外から飛行機や船で運ばれてくるものは、腐ったり色が変わったりしないようたくさんの農薬がかけられているケースがあります。

 

みなさんも実感されたことがあるのではないでしょうか。

例えばレモン。

輸入品のレモンはなかなか腐りません。

国産の無農薬のものはあっという間に腐ります。

 

その植物が本来生えるべき場所で生えるべき時期に収穫されるのが一番自然です。

安全性が高まります。

 

季節のお野菜、地元のお野菜を頂くメリットはアトピーの方にはとても大きいと思います。

 

また地域のお野菜を取り入れるのことは献立のマンネリ防止にも効果的です。

 

スーパーで見かけたらぜひ使ってみて下さいね。

 

 

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えて下さい。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。


仙台麩スライス 18-50g[山形屋商店 お麩]

 

 

 

 

しんとり菜と仙台麩のスープ

仙台麩は「油であげた麩」です。コクがあります。
麩はタンパク質とミネラルの宝庫で栄養価が高くヘルシーな食材です。

(小麦粉が原料です。アレルギーのある方は控えて下さい。)

しんとり菜と仙台麩の煮物4コマ

材 料:しんとり菜1束(ない場合は白菜)、仙台麩6〜9コ、水1.5リットル、はるさめ少々
調味料:顆粒だし2本、しょうゆ大さじ1.5

※家族3人×2回分のスープです。

レシピ

①しんとり菜はさっと洗う。
②「仙台麩」は高級食材を扱うスーパーやデパートなどでみかけます。
③なべに水1.5リットルを入れて沸騰させる。だしとはるさめを入れて2分くらいゆでたら→仙台麩→しんとり菜の順に入れる。しんとり菜は火がすぐ通るのでさっと煮る。しょうゆ大さじ1.5を入れて味を整える。
④出来上がり。

 

※参考:顆粒出しを入れるタイミング

・みそ汁やすまし汁などでは、仕上げ直前。
・火の通りにくい具材は最初に半分仕上げ直前に半分。
・煮物は最初から。

 

 

 

 

パプリカのマリネ

パプリカのマリネ

材 料:黄色いパプリカ1コ、赤いパプリカ1コ、ピーマン2コ、すりおろしたしょうが小さじ1
調味料:だししょうゆ大さじ1.5(ない場合はしょうゆ大さじ1)、みりん大さじ1、水100cc、酢小さじ2

レシピ
①パプリカとピーマンはさっと洗い6つ割りにする。ヘタと種はとりのぞく。
②グリルで13分ほど弱火で焼く。
③水100ccにだししょうゆ大さじ1.5(ない場合はしょうゆ大さじ1)、みりん大さじ1を入れてさっと煮立てて冷ます。酢小さじ2としょうがを入れる。
④③に焼いたパプリカとピーマンを入れて出来上がり。一晩つけるとおいしくなります。

※しょうがは刺激が強いので気になる方はお控え下さい。


スポンサードリンク



Pagetop