アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 毎日のレシピ

スポンサードリンク

【アトピー改善和食中心レシピ51】新じゃがいもの煮物とサニーレタスサラダ(6月1週・月)

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホの場合は記事の最後尾)もご覧下さい。

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

検索窓もご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに食事をはじめとした生活習慣全般をみなおすようになりました(プロフィール)。

とくに食べ物は身体をつくり整える大切なものです。忙しいママでもつくれるシンプルなレシピをご紹介していきます。

アトピー改善には旬のお野菜で健康の土台作りを

新玉ねぎの次は新じゃがいもの季節です。

次々とおいしいものが登場して嬉しいですね。

わずかな期間しか出回らない貴重な旬のお野菜です。

皮ごと食べられるので栄養をのがさず頂くことができます。

その季節にとれる野菜はその季節に必要な栄養素が含まれています。

意識してとることで体調を整えることができます。

アトピー改善にはまず土台の健康づくりが大切。

旬のお野菜をたくさん食べさせてあげて下さい。

とは言え、春先に出回るお野菜はアクが強いもの、苦い風味のものが多いです。

子どもさんは苦手ですよね。

新じゃがも同じ。独特のほろ苦さがあります。

苦みを消すために濃いめの味付けのレシピはいかがでしょうか。

ご飯と一緒に食べるとおいしいです。

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えて下さい。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。

新じゃがいもの煮物

材 料:新じゃが500g(半袋の量でした)※小粒のものを購入して下さい。
調味料:しょうゆ大さじ2、みりん大さじ2、酒大さじ2、三温糖大さじ1、水100ml

レシピ

①新じゃがいもは土をしっかり洗い流す。くぼみにたまった土も落とす。
②少し大きめのものは半分に切る。味がしみ込みすぎるので出来れば切らない方がよい。

③火の通りを考えるとなべにぴったりの分量を入れるのが理想。最初に水100mlとすべての調味料、しょうゆ大さじ2、みりん大さじ2、酒大さじ2、三温糖大さじ1を入れてかるく煮たたせる。
新じゃがいもを入れる。

④15分ほど少しだけ強めの弱火で煮る。竹串を通してすーっと通ったら、強火にして汁を煮詰める。盛りつける時汁もかけて出来上がり。

サニーレタスサラダ(手づくりごまドレッシング)

サニーレタスを2日間で頂きます。

サニーレタスはレタスよりも栄養価が非常に高いです。
アトピー改善に有効な免疫力増進や美肌効果の期待ができるビタミンCをたくさん含んでいます。
ベーターカロチンも豊富です。

ただし、レタスと比べるとちょっと苦みが…
子どもさんは苦手かもしれません。

オクラのねばりやトマトと組み合わせると食べやすくなります。

材 料:サニーレタス1/3株、オクラ1袋、トマト1コ、ひたし豆(青大豆)少々
調味料:ごまドレッシング(めんつゆ大さじ2、白すりごま大さじ2、サラダ油小さじ2、酢小さじ2、こしょう)

レシピ
①〜②オクラをゆでる(多めにゆでて朝食などに使うと時短です。その場合は2袋か3袋一緒にゆでて下さい)。
トマトを切る。ひたし豆をつくる(色々なものに使えて便利なので常備しています。明日のレシピにも使います。)。

③ごまドレッシングをつくる。めんつゆ大さじ2、白すりごま大さじ2、サラダ油小さじ2、酢小さじ2、こしょう少々を混ぜる。
※自分でつくると添加物のないドレッシングができます。

④サニーレタスは洗って水気を切り手で食べやすい大きさにちぎる。
 ドレッシングをかけて出来上がり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

(illustrated by junko)


スポンサードリンク



Pagetop