アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を

チーズしいたけ


  • 毎日のレシピ

スポンサードリンク

【アトピー改善レシピ⑥】和食 チーズしいたけとチンゲンサイの和え物(3月4週・月)

しいたけは炭水化物、食物繊維、ミネラルが豊富です。

免疫力を活性化したり、生活習慣病予防が期待できるなど注目の食材。

アトピーの方には積極的に取り入れて頂きたい食材です。

きのこ類はちょっとくせがありますが、チーズ味にすると子どもさんも喜んで食べてくれると思います。

 

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えて下さい。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。

 

 

 

 

チーズしいたけ

 

チーズしいたけ4コマ

 

材 料:しいたけ6コ、とけるチーズ

調味料:しょうゆ

 

レシピ

①いしづきを取る。

②グリルにのせてしょうゆを少しかける

③チーズをトッピングして強火で5分。

④焦げ目がついたら出来上がり☆

 

※しいたけそのものに濃厚なうまみ成分がたくさ含まれています。おいしさのつまった汁が出てきますのでしょうゆは控えめで大丈夫です。

 

※子どもさんが食べない場合はアクセントとしてブラックペッパーを少しふるとピリッとしておいしいです。

 

 

おすすめの鎌田の低塩だし醤油

 

若い方は塩分をあまり気にしないで食事をされていることが多いと思います。

我が家もそうでした。

見直すきっかけになったのは15年前の義父の入院です。

父ははっきりした味や高コレステロールな食品が好みで、生活習慣病で血管が弱くなっていました。

 

同じような傾向にあった主人の健康を考え、薄味をこころがけるようになりました。

 

一般にしょうゆの塩分濃度は16%と言われています。

それに対して減塩しょうゆは塩分8%。

鎌田低塩だし醤油も8%です。

 

現在は家族に血圧の問題がないので、基本的に普通のしょうゆを使っています。

味がすでについているものに少しかける場合や、風味がほしい場合などはだし醤油を使っています。

だし醤油はだしが効いているので塩分が薄くても物足りなさがありません。

 

知人に頂いたのがきっかけで使っています。

この低塩だし醤油、頂き物のお返しにも重宝しています。

 

 

チンゲンサイの和え物

 

チンゲンサイの和え物4コマ

 

材 料:チンゲンサイ一把

調味料:ポン酢、かつお節

 

レシピ

①根元を少し切る。

②水と塩二つまみを入れ沸騰させ、根元から入れ30秒ゆでる。

③ポン酢とかつお節(お好みの量)で合える。

④出来上がり☆

 

※とても簡単ですがポン酢の香りが豊かでおいしい一品になります。ポン酢の濃さは商品によってさまざまです。少しずつかけながら調整して下さい。


スポンサードリンク



Pagetop