アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 毎日のレシピ

スポンサードリンク

【アトピー改善和食中心レシピ29】 にんじんレーズンと水菜のナムル(4月4週・木)

右側のカテゴリー(スマホは記事の最後尾)もご覧下さい。

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめ→こちら

検索窓(スマホは記事の最後尾)もご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに食事をはじめとした生活習慣全般をみなおすようになりました(プロフィール)。

とくに食べ物は身体をつくり整える大切なものです。忙しいママでもつくれるシンプルなレシピをご紹介していきます。

にんじんは冷蔵庫に常備してたくさん食べるようにしています。

にんじんツナサラダにんじんと春雨のいためものが我が家の定番で、一週間に家族3人で1袋(5〜6本)は頂きます。

にんじんは素材の良し悪しが大切です。

少しお値段が高くてもよいにんじんを買うとあまくて味がこくとてもおいしいです。

日持ちをよくするために土をつけたままにしているにんじんがおすすめです。

土のついたにんじんは洗う時にさわやかな強い香りがします。

どんなアロマにも負けないすてきな香りです。

野菜を料理していて思うのは、味はほとんど素材で決まるということです。

どんなにがんばってつくっても鮮度の低い野菜では台無しです。

よい野菜なら何をしてもおいしく仕上がります。

にんじんは水分をきらいます。

土がついたまま新聞などでくるんで袋に入れ、冷蔵庫(野菜室など)で保存してください。

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えて下さい。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。

にんじんレーズンサラダ

材 料:にんじん大1本、レーズン少々
調味料:酢大さじ1、オリーブオイル小さじ2、はちみつ少々、ブラックペッパーまたはこしょう、(塩もみように塩小さじ1/4)

レシピ

①にんじんは軽く洗い、皮をむき、ピーラーで縦に長くスライスする。
②ボウルにスライスしたにんじんを入れ、塩小さじ1/4を入れて手でかるくもみ10分ほどおく。
③にんじんの水気をしぼる。
④酢大さじ1、オリーブオイル小さじ2、はちみつ少々、ブラックペッパーまたはこしょうで味をととのえレーズンをまぜる。出来上がり。

※1歳未満の子どもさんにはちみつは与えないでください。

水菜のナムル

材 料:水菜一束、すりごま大さじ1
調味料:しょうゆ小さじ1、ごま油小さじ2、三温糖小さじ1/2、しょうが少々

レシピ
①水菜をさっと洗う。
②鍋にお湯をわかす。シャキシャキした感じをなくさないために20〜30秒ほどゆでる。水菜は水にさらす必要はありません。
③水菜の水気をしぼり、しょうゆ小さじ1、ごま油小さじ2、三温糖小さじ1/2、しょうが少々であえる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

(illustrated by junko)


スポンサードリンク



Pagetop