アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を

とろろご飯とプチトマト


  • 毎日のレシピ

スポンサードリンク

【アトピー改善和食中心レシピ61】とろろご飯とプチトマトのマリネ(6月3週・月)

久しぶりに長芋を買いました。

 

そういえば長芋って分らないことばかりです。

 

 

旬は?

なんとなく夏に食べるイメージがありますが、調べてみたら秋と春の2回でした。

 

自然薯、大和芋、長芋…どう違うの?

自然薯は日本産、
大和芋と長芋は外国産です。

 

粘りは?

自然薯>大和芋>長芋の順。

 

これらの芋をすりおろしたものの総称が「とろろ芋」だそうです。

なるほど。そうだったんですね。

 

母が時々親戚が送って来る自然薯を楽しみにしているのですがその理由がよく分りました。

自然薯は収穫に数年かかるため流通量が少ない。
また粘りがよいので貴重品として尊ばれている。
とういうことです。

 

アトピーと長芋

ナガイモにはねばりの元、ムチンという胃の粘膜を保護する成分が含まれています。老化防止や消化を促しアトピー改善が期待できるお野菜です。

ところが問題点が色々あります。

この長芋、アレルギーの方にはなかなか難しいお野菜です。

・口のなかがかゆくなる
・さわった手などがかゆくなる

とかゆみと切り離せない食材です。

アトピーの方で食べるとかゆみが気になる場合はお控えになられた方がよいと思います。

 

私もながいものかゆみは苦手で料理することはめったにないのですが、今日のレシピ“とろろご飯”だけは食べることができます。

この方法ですとかゆみはまったく出ません(個人差があります)。

とろろご飯は色々な作り方がありますが、濃いめのみそ汁で頂くとアクなどが感じられず苦手な人でもご飯がすすむと思います。

 

 

 

また長芋の特徴である「スタミナ増強の効果」というのがアトピーの方にはマイナスに働くこともあります。

アトピーの人は胃や腸の働きが弱まっているケースが多いです。胃が弱い方も多いと思います。

そういう状態の時にスタミナ系のお野菜を頂くと胃が負けて痛みが出たりすることがあります。

私もスタミナ系のお野菜苦手です。

だから山芋は生では絶対に食べません。大丈夫なのはこのとろろご飯のみです。

 

 

とろろご飯

とろろご飯

材 料:長芋200g(7センチくらい)
調味料:みそ大さじ1、顆粒だし1本、お湯100cc

レシピ
①長芋はよく洗う。
②ピーラーで皮をむく。すりおろし器ですりおろおす。
③小鍋に水100ccを入れる。顆粒だしも入れて沸騰させる。みそ大さじ1をとく。
 すりおろした長芋を入れてかき混ぜながら1分くらい火を通す。
④炊きたてのご飯にかけて出来上がり。

 

 

 

 

プチトマトのマリネ

プチトマトのマリネ

材 料:プチトマト1袋(多め)
調味料:酢大さじ1.5、レモン汁大さじ1、オリーブオイル大さじ1、三温糖小さじ1、塩小さじ1/4、粒こしょう

レシピ

①プチトマトはよく洗う。できれば清潔な布巾かキッチンタオルで水気を取る。

②へたを取り半分に切る。

③ボウルなどに酢大さじ1.5、れもん汁大さじ1、オリーブオイル大さじ1、三温糖小さじ1、塩小さじ1/4、粒こしょうを入れて菜箸でよくまぜる。

④プチトマトを加えて混ぜ合わせて出来上がり。


スポンサードリンク



Pagetop