アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 毎日のレシピ

スポンサードリンク

【アトピー改善和食中心レシピ40】アイスプラントのあえものとにんじんオレンジサラダ2(5月2週・金)

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホの場合は記事の最後尾)もご覧下さい。

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

検索窓もご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに食事をはじめとした生活習慣全般をみなおすようになりました(プロフィール)。

とくに食べ物は身体をつくり整える大切なものです。忙しいママでもつくれるシンプルなレシピをご紹介していきます。

新しい野菜に挑戦 アイスプラント

アイスプラントも昨日に引き続き地元野菜を売っているお店で購入しました。

うわさには聞いたことがありましたが見るのははじめてです。

なんて不思議な姿をした野菜なんでしょう!

塩分を隔離する細胞があるそうで全体に水滴のようなものがついています(さわってもつぶれません)。

ほんのり塩気を感じるお野菜です。

シャキシャキとした食感が特徴です。

アイスプラントに軽い塩味がついているということで、最初はあっさりドレッシングだけで頂いたのですが、ちょっと食べづらかったのでマヨネーズであえてみました。

ベーターカロチンをレタスの3倍多く含んでいます。皮膚や粘膜を強くする働き、呼吸器系等を守る働きがありアトピー改善におすすめのお野菜です。
主人と長男は「おいしいけど、また食べたい〜!というほどではないかな」と言っていました(笑)

でも「食感がいいね」という感想でした。

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えて下さい。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。

アトピーの人はパスタや麺類は気をつけて食べて

私はパスタがとても好きですが、楽しみにたまに食べる程度にしています。

輸入品のパスタの場合収穫後の輸送時に虫がつくのを防ぐためにポストハーベストという農薬を使っているケースが多いので注意が必要です。

安売りしていたからと言って飛びついて買うのはおすすめできません。
また麺類全般に言えることですが、

・よくかまないで飲み込んでしまう
・つるつるのどごしがよいのでついたくさん食べてしまう
・油であえたり、天ぷらのようなものをトッピングしたりカロリーが高い
・炭水化物中心の取りすぎになってしまう
・野菜が不足する献立になりがち
・糖質も塩分も多い
・小麦粉はアレルギーが出やすい食材と言われている。問題のない人も日常的にたくさん食べるのはおすすめできない

アトピーの方はバランスよく栄養をとることが大事です。麺類を主食にすると偏った食生活になりがちです。

週末に楽しみとして取り入れるくらいにするのがよいと思います。

アイスプラントのおひたし

材 料:アイスプラント1束
調味料:味ぽん小さじ2、マヨネーズ小さじ2、かつおぶし、粉チーズ

レシピ

①アイスプラントはさっとあらい水気をよく切る。
②表皮に塩をためる細胞があり水滴のようなものがついています。葉の表面が凍ったように見えることからアイスプラントと呼ばれています。
③食べやすい大きさにちぎり、味ぽん小さじ2、マヨネーズ小さじ2、かつおぶし、粉チーズで味を整える。
④出来上がり。

※アイスプラントが手に入らない場合は 例えばほうれん草のナムルなどいかがでしょうか。

にんじんオレンジサラダ2

前回作ったにんじんオレンジサラダがとてもおいしかったので違うレシピで作ってみました。

私風に少しアレンジしていますがこの本を参考にしました。シンプルなレシピが多く使いやすいです。

二菜ごはん

子どもさんむきなのは前回のレシピです。ゆでているのでにんじんのくさみが消えまろやかな味でした。

今回のレシピもおいしかったです。

材 料:にんじん2本(300g)、オレンジ1コ、パセリのみじん切り、粗挽き黒こしょう
調味料:酢小さじ1、オリーブオイル大さじ2、はちみつ少々、塩小さじ1/2

レシピ
①にんじんは細めの千切りにしてボウルに入れ、塩小さじ1/2でもんで10分くらいおく。水気をしぼる。
②オレンジは皮をむき、白い薄皮をできる範囲で取り、半分に切ってから5ミリの暑さに切る。
③酢小さじ1、オリーブオイル大さじ2、はちみつ少々をまぜる。
④にんじんとオレンジをあえて出来上がり。

※1歳未満のお子様にはちみつは与えないでください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

(illustrated by junko)


スポンサードリンク



Pagetop