アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 毎日のレシピ

スポンサードリンク

【アトピー改善レシピ⑪】和食 ほうれん草のナムル&イカを柔らかくゆでる(4月1週・月)

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホは記事の最後尾)もご覧下さい。

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめ→こちら

検索窓(スマホは記事の最後尾)もご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに食事をはじめとした生活習慣全般をみなおすようになりました(プロフィール)。

とくに食べ物は身体をつくり整える大切なものです。忙しいママでもつくれるシンプルなレシピをご紹介していきます。

ほうれん草はアクが多いので必ず下ゆでして水にさらして利用して下さい。

子どもさんはあまり好きではないと思いますが、ビタミンや鉄分を多く含みますのでおいしく料理して食べてもらいましょう。

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えて下さい。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。

ほうれん草のナムル

材 料:ほうれん草2束(1束分は火曜日に使います)

調味料:ごま油小さじ1/2、塩ひとつまみ、顆粒鶏ガラスープ小さじ1/3、白すりごま大さじ2、お湯小さじ1

レシピ

①〜② 少なめのお湯でさっとゆでる。水にさらして水をしぼる。3等分してまた水をしぼる。

③顆粒鶏ガラスープ小さじ1/3と塩をお湯小さじ1でよく溶かしごま油も加えてほうれん草(1束分)と合える。

④白すりごまを合えて出来上がり。

※多めにゆでたほうれん草は冷めたら冷蔵庫で保存して下さい。翌日には使い切りましょう。

イカを柔らかくゆでる

材 料:イカ小さめ内蔵処理済み(冷凍品使用)4〜5杯(水曜日のレシピに利用します)

調味料:塩小さじ1

レシピ

①イカを洗い筋を取る。皮付きのまま1センチくらいの大きさに切る。内側に内蔵の残りがあればきれいに取る。ざるにイカを入れ塩小さじ1をまぶし手で軽く混ぜる。

②沸騰したお湯にイカを入れる。

③すぐ火を止めふたをして5分。

④ふたをあけてさらに5分。お湯を切って出来上がり。

 

※マヨネーズに七味をふったり、しょうゆで頂きます。その他サラダと和えたり色々使えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

(illustrated by junko)


スポンサードリンク



Pagetop