アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 毎日のレシピ

スポンサードリンク

【アトピー改善和食中心レシピ74】なすピーマンみそ炒めととろろ昆布冷や奴(6月5週・木 )

今日はなすとピーマンのみそ炒めをつくりました。

 

・少量の油でなすをいためることができる

・仕上がりが水っぽくならない

コツを二つご紹介します。

 

アトピーの食事制限どうする?

アトピーは症状によっては食事に制限があるお子さんもいらっしゃいます。

○○○○を食べるとかゆみがでる、とはっきり因果関係が分っているものはさけたほうがいいですね。

 

ただし、むやみやたらと制限するのは考えものです。

 

一般的に悪いと言われているから…というだけの理由でやめてしまったらもったいないです。

 

食べてみて大丈夫だったらOK。

ok

ちょっと気になる場合は様子を見る。

・一度にたくさん食べない

・火を通して食べる

・アクをしっかり抜いて食べる

・時々食べる

など予防策をとって下さい。

 

 

色々なものを食べることは大事です。

・身体の栄養になる。

・心の栄養(楽しみ)になる。※たまにはジャンクフードもね。

・子どもの社会的なお付き合いも大切。※一緒に食べられるといいね。

 

また今だめでも成長するにつれてNGだったものが食べられるようになるケースもありますね。

お母さんががんばりすぎないことが大事。

ちょっとゆるめで。

食事は楽しい、ということがアトピー改善にとても重要です。

たくさん食べて笑っていたらどんどん身体が強くなっていきます。

 

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えて下さい。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。

 

 

失敗しない なすとピーマンのみそ炒め

なすの炒め物は油がたくさん必要、炒めるのに時間もかかるしみそをからめると水っぽくなる…
そんな悩みを解消するレシピです。

このなすとピーマンのみそ炒めは、高校生の長男が「オレのきらいなものが二つ合わさった料理なのに超うまい」と言います(*^-^)

なすピーマンのみそ炒め

 

材 料:長いなす3本、ピーマン1袋(4〜5コ)
調味料:みそ大さじ1.5〜2、三温糖大さじ1

レシピ

①なすとピーマンはさっと洗い水気を切る。

②なすはへたを切り落とす。大きめの乱切りにする。
 ピーマンもへたを切り落とす。種は取り除き大きめの乱切りにする。

③フライパンにサラダ油をしいてなすとピーマンを炒める。

④コツ1:油が回ったらフタをする。時々フタをあけて上下を返す。しんなりするまで繰り返す。
 ※蒸し炒めにします。なすの炒めものは油をたくさん入れないとなかなかしんなりしません。フタをして蒸し炒めにすると少量の油でやわらかくなります。

⑤コツ1:みそ大さじ1.5〜2、三温糖大さじ1を入れて弱火で混ぜ合わせる。火を少し強めて水分を少しとばすような感じで炒めたら出来上がり。

 ※みりんや酒を調味料に使うと水っぽくなりぼんやりとした味になります。みそと三温糖だけで味付けします。

 

 

とろろ昆布冷や奴

すみません…(^▽^;)
料理とは言えませんね…
とろろ昆布のせるだけです。

とろろ昆布冷や奴

 

材 料:とろろ昆布お好きな量、絹豆腐お好きな量
調味料:しょうゆ

レシピ

とろろ昆布を絹豆腐に乗せしょうゆをかけて頂きます。

 

※とろろ昆布の注意点

 

 

オリーブオイル冷や奴

オリーブオイル冷や奴

きゅうり冷や奴

きゅうり冷や奴

 

冷や奴に色々乗せて楽しみましょう。


スポンサードリンク



Pagetop