アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 3月の1週間レシピ

スポンサードリンク

今週は菜の花です・3月1週【アトピーを改善する一週間レシピ】

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホの場合は記事の最後尾)もご覧下さい。

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

検索窓もご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに食事をはじめとした生活習慣全般をみなおすようになりました(プロフィール)。

とくに食べ物は身体をつくり整える大切なものです。忙しいママでもつくれるシンプルなレシピをご紹介していきます。

今回は3月1週目、月曜から金曜日までの5日間、夕飯のメニュー二品を掲載しています。

このお惣菜をつくれば、あとはメインを足すだけです。

このレシピは我が家のありのままの日記のようなものです。特別なものは出てきません。淡々と日常のご飯です。
献立のご参考になればとても嬉しいです。

 

○料理とは呼べない「簡単レシピ」

○「定番レシピ」

○ちょっとだけ「がんばりレシピ」

この三つに分けて掲載していきますね。

今週は春のお野菜がたくさん野菜売り場に並びました。ほろにがさが特徴のお野菜たち。子どものころは苦手でしたが今はおいしく感じます。

季節のお野菜はその時期に身体が必要とする栄養がいっぱいです。心の栄養にもなりますね。季節を感じるのは贅沢な楽しみです。

買った食材

新鮮なお野菜を週の最初に買って下さい。
月〜金までこの順序で使えると思います。鮮度に問題がある場合は途中で1度買い足して下さい。

○菜の花・さつまいも中1本・こんにゃく大きめ1枚・ふきのとう6〜7コ・れんこん中1節〜2節・ひじき(35g)・にんじん少々・あげ1枚・えりんぎ2本・キャベツ少々・かぼちゃ1/4コ

○はるさめ少々・卵1コ

○特別な調味料
パルメザンチーズ

月曜日

○菜の花のからし合え(定番レシピ)

材料
菜の花1束
調味料(だし汁1/2カップ、しょうゆ小さじ1.5、塩・みりん各少々、ねりがらし適量 よく混ぜておく)

レシピ
茎の下の部分を1.5センチくらい切る→塩少量を入れた熱湯で茎の部分から煮る→色があざやかになったら上下を返してさっと煮る→ざるに広げあら熱をとる(水にはつけない)→パットに菜の花を入れ、よく混ぜた調味料をかける→10分ほどおいて水気を軽く切る→いただきます。

※関東ではつぼみのもの、関西では花が少し咲いたものが売られています。私は関西出身なので東京に来た時に花の咲いた菜の花が無くちょっとがっかりしました。

○さつまいもバター(定番レシピ)

材料
さつまいも中1本、バター1かけ、砂糖少々。

レシピ
さつまいもは食べやすい大きさに切り、半分くらい皮を取る→水にさらす→ゆでて粉ふきいもにする→バターと砂糖をからめる

※甘くて洋風の味。子どもも大好きです。

火曜日
○ひじきの煮物(定番レシピ)

材料
ひじき35g、にんじん少々、あげ1枚、
調味料(顆粒だし1本、しょうゆ大さじ1、みりん大さじ1)

レシピ
ひじきはざるに入れて軽く洗い、たっぷりのぬるま湯に20分程つける→鍋にサラダ油少々を入れて水を切ったひじき、細く切ったあげ、大きめにスライスした人参を入れて油がなじむまで炒める→水をひたひたに入れる→調味料を入れて強めの中火で煮る→ほぼ水分がなくなるまで煮る→いただきます。

※多めに使って冷凍しましょう。

○ふきのとう味噌(意外と簡単レシピ)

材料
ふきのとう6〜7コ
調味料(みそ大さじ4、みりん大さじ2)さとう小さじ2

レシピ
みそとみりんを合わせて練る→鍋にサラダ油を熱し、5ミリ角くらいに切ったふきのとうをすぐに入れていためる→油が回ったらみそとみりんを入れ練るような感じで2分程火を通す。水分を飛ばすイメージ→さとう小さじ2を入れてまぜる→いただきます。

※ご飯にのせていただくとおいしいですね。その他田楽や風呂吹き大根などに添えて。今回はふきのとうを頂いたので作ってみましたが、とても簡単でした。

 

水曜日

○チーズれんこん(定番レシピ)

材料
れんこん中1節〜2節。パルメザンチーズ大1〜2
調味料 顆粒ブイヨン小さじ1、しょうゆ少々、塩・こしょう(あればブラックペッパー

レシピ
れんこんをうすめにスライス、水につける→クッキングペーパーで水気をしっかり取る→サラダ油で炒める→透明になってきたら、こげないようにブイヨン、しょうゆ、塩、こしょうで味付けをする→いただきます。

○エリンギとはるさめのスープ(簡単レシピ)

 

材料
エリンギ2本、キャベツ少々、はるさめ適量、卵1コ、顆粒コンソメ

レシピ
人数分の水を鍋に入れる→顆粒コンソメ、食べやすく切ったエリンギ、キャベツ、はるさめを入れて煮る→卵をといて流し入れる→塩、こしょう、しょうゆで味付け→いただきます

木曜日
○にんじんの卵炒め(がんばりレシピ)

材料
にんじん中2本、卵1コ、顆粒だし少々

レシピ
にんじんは大きめに千切りスライサー(太め)でスライスする→塩小さじ1でもむ→20分ほどおいて水気をしぼる→フライパンにサラダ油を入れて人参をいためる→にんじんを端に寄せて空いたスペースで炒り卵をつくる→にんじんと卵を混ぜる→塩、こしょう、顆粒だしで味をつける→いただきます。

○かぼちゃの煮物

材料
かぼちゃ1/4コ
調味料(砂糖小さじ1、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1弱、顆粒だし1本)

レシピ
かぼちゃを食べやすい大きさに切る→なべにかぼちゃとひたひたより少し少ない水を入れる→煮立ったら調味料をすべて入れる→強めの中火でふたをしてしばらく煮る→最後水気がほとんどなくなるまで煮る。
※かぼちゃは素材のおいしさがとくに出る野菜です。いいものを買って下さい。おいしいかぼちゃなら砂糖はいりません。

金曜日

○こんにゃくの炒り煮(定番レシピ)

材料
こんにゃく大きめ1枚
調味料(酒大さじ2、しょうゆ大さじ1、だし大さじ3、さとう小さじ1)、七味少々

レシピ
こんにゃくの表面に細かい切込みを格子状に入れる→1.5センチ角くらいに切る→お湯で3分煮る→水に取って冷ます→キッチンペーパーなどで水気をしっかりとる→なべにサラダ油を熱し水分を飛ばすようにいためる→調味料を入れて強火で汁気が無くなるまでいためる→七味をふる→いただきます。

○じゃがいものカレー煮(定番レシピ)

材料
じゃがいも中2〜3コ、カレー粉(粉末)大さじ1、めんつゆ20g

レシピ
じゃがいもは食べやすい大きさに切り水にさらす→水気を切ったじゃがいもをサラダ油でいためる→油が回ったらカレー粉大さじ1をふり入れてさらにいためる。→めんつゆ20g+水1カップを加えて水気が無くなるまで煮る→いただきます。

※お弁当にぴったりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

(illustrated by junko)

 


スポンサードリンク



Pagetop