アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 6月の毎日のレシピ

スポンサードリンク

いんげんとしいたけのしょうが煮とキャロットラペ【食事でアトピー改善・6月4週水】

当ブログではアトピー改善におすすめのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホは記事の最後尾)もご覧下さい。

アトピー改善にこちらの記事もよろしかったらぜひお読みください。

○アトピー肌におすすめ。宇津木龍一式なにもしないスキンケアで肌トラブル一切なし!→脱保湿のスキンケア

○飲んだ翌日から肌荒れがぴたりと解消。至近距離で見られても大丈夫。肌に自信。おすすめ飲むスキンケア→人参りんごジュースの効能

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに食事をはじめとした生活習慣全般をみなおすようになりました(プロフィール)。

とくに食べ物は身体をつくり整える大切なものです。忙しいママでもつくれるシンプルなレシピをご紹介していきます。

アトピーの方はしょうがを上手に取り入れてみて

今日はしょうがを使った料理です。

しょうがは血行をよくし身体を温める作用があります

昔から冷たいものを食べる時は冷え過ぎないようにしょうがをそえてきました。

冷や奴やそうめんの薬味、お寿司のガリなど。

すばらしい知恵ですね。

温める作用の他に消化の促進や解毒作用など、身体にたまった悪い物を外に出す力があります。

アトピー改善が期待できる食材です。

ただし刺激が強いので気をつけて使って下さい。

問題がない場合も身体によいからと言って食べ過ぎないことが大切です。

それはどんな食材でも一緒ですね。

※食物アレルギーがある方、食材が気になる方は違う素材に変えたり控えて下さい。ご家族の体質、体調を考えて自己責任でお願いいたします。

いんげんとしいたけのしょうが煮

材 料:インゲン1袋、しいたけ1袋(4〜5枚)、しょうがひとかけ
調味料:しょうゆ小さじ2、みりん大さじ1、酒大さじ1

レシピ
①いんげんは洗い水を切る。半分か3等分に切る。斜めに包丁を入れる。
②しいたけは傘の部分を細切りにする。軸のやわらかい部分薄くスライスする。
③しょうがは皮をむき細い千切りにして水にしばらくさらす。
④フライパンを熱しサラダ油をしきいんげんをしばらく炒める。次にしいたけを入れしんなりしたら、しょうゆ小さじ2、みりん大さじ1、酒大さじ1と水気をしっかり切ったしょうがを入れて炒める。
⑤汁気がなくなるまで炒めたら出来上がり。

このレシピはこちらの本を参考にしました。

禅寺のおばんざい―和座季楽

精進料理はすばらしいです。最近夢中になっています。

西川玄房さんのレシピはつくりやすくおすすめです。

精進料理は、

・野菜や果物も生命あるものとして大切にする
・無駄のないように生かす
・旬の素材を使う
・素材のおいしさをあまり手を加えずに引き出す
 しかしひと手間かける思いやりのこころを大切にする
・禅の修行では料理は座禅と同じ
・料理をつくることは生きるということを受容すること
・野菜の命をいただくことで生かされている自分に気づく
・作り手食べ手がお互いを思いやる
・精進料理は禅の心で精進に精進を重ねて作られ食され続けてきた料理

 ※はしがき等から抜粋。

むずかしいことはともかく… なんともしみじみとおいしいのです。

新しいメニューに挑戦した時に、家族から「これおいしい!」と間違いなく言われるのは精進料理レシピです。

シンプルなのに味わい深いのは上記の理由を読むと納得です。

精進料理は難しいというイメージがありますが、どこの家庭でもできるお惣菜です。

ぜひ挑戦してみて下さい。

はじめての方におすすめの本はこちら。


禅寺のおばんざい

キャロットラペ

にんじんがキライな子どもさんでもおいしく食べることができます。
さわやかなレモンの風味があとを引きます。

材 料:にんじん中2本
調味料:レモン汁大さじ2、三温糖大さじ1強、酢大さじ2、オリーブオイル大さじ1、塩小さじ1

レシピ

①〜②にんじんは細めのスライサーで千切りにする。
 ※にんじんサラダにする時は歯ごたえがほしい時は包丁で切る、ドレッシングとなじませたい時はスライサーを使う、というふうに使い分けるとおいしく仕上がります。
③ボウルにレモン汁大さじ2、三温糖大さじ1強、酢大さじ2、オリーブオイル大さじ1、塩小さじ1を入れてよくまぜる。
 ※レモンは国産品を使って下さい(輸入物は防カビ剤などが心配です)。余った場合は冷凍保存が可能です。
 ・丸ごと、もしくは半分に切ってそのまま冷凍。凍ったまますり下ろすことができます。
 ・皮ごとスライスしてラップで保存。
 ・汁をしぼって小さな容器で保存。

  おいしく頂くために、私は翌週には使い切るようにしています。

③千切りにしたにんじんをボウルに入れる。

④よく和えて出来上がり。

 ※半日くらいたつと味がしみこんでおいしくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アトピー改善にこちらの記事もよろしかったらぜひお読みください。

石鹸洗濯もアルカリ洗濯も上手にするためには洗濯物の量を減らすことが一番大切です。身近なあるものを使って洗濯ものを劇的に減らそう。アトピーの洗濯の悩み限りなくゼロに。→洗濯上手になるには

おすすめ!完全無添加、水と竹の成分だけでできている安全安心な驚きの洗浄剤です。肌にも環境にも優しい→竹炭の洗い水

子供さん守る→ダニ・ほこり・カビをカット

(illustrated by junko)


スポンサードリンク



Pagetop