アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 2月の1週間レシピ

スポンサードリンク

野菜をいっぱい食べよう・2月4週【アトピーを改善する一週間レシピ】

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホの場合は記事の最後尾)もご覧下さい。

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

検索窓もご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに食事をはじめとした生活習慣全般をみなおすようになりました(プロフィール)。

とくに食べ物は身体をつくり整える大切なものです。忙しいママでもつくれるシンプルなレシピをご紹介していきます。

今回は2月4週目、月曜から金曜日までの5日間、夕飯のメニュー二品を掲載しています。

アトピー改善のための和食中心のレシピをご紹介しています。

買い物リスト付きです。献立をたてる負担を少しでも減らすことができましたら嬉しいです。

このお惣菜をつくれば、あとはメインを足すだけです。

でも忙しくて「メインをつくるのは無理!」という日もあります。

そういう時はコロッケを買って来たり、冷凍食品を利用したり頑張りすぎないようにしています。

 

分量は3〜4人前。

少し多めに作って翌日のお弁当に使い回したり、2、3日頂いたりしています。

 

特別なものは出てきません。淡々と日常のご飯です。

○料理とは呼べないくらいすぐできる「簡単レシピ」

○「定番レシピ」

○ちょっとだけ「がんばりレシピ」

この三つに分けてみました。

(食物アレルギーがある方は素材を変えてご利用下さい)

月曜日のレシピ

○しいたけの保存(簡単レシピ)

材料
しいたけ7〜8枚、酒大2、塩3つまみくらい

レシピ
しいたけを半分に切る→小鍋に酒大2としいたけを入れてふたをする→弱火で2分ほど(こげないように注意)→塩をふる→いただきます。

※塩を多めにすると日持ちします。
※サーモンのムニエルの調理の最後にしいたけを入れ、バターをからめて頂きました。みそ汁、煮物など何にでも使えます。

○れんこんとこんにゃくの炒め煮(がんばりレシピ)

材料
れんこん1房、こんにゃく1枚、えりんぎ2本、にんじん半分、
調味料(しょうゆ大2、みりん大2、酒大2、砂糖小2、粉末だしスティック1本)
七味、このみで白ごま

レシピ
れんこんは酢水にさらす→れんこんをごま油で透明感が出るまで炒める→適当な大きさに切った他の材料と調味料を入れて水分がなくなるまで炒める→好みで七味や白ごまをふる→いただきます。

火曜日のレシピ

○もやしカレー(簡単レシピ)

材料
もやし1袋、卵1コ、
調味料(コンソメ小さじ1、カレー粉小さじ1、しょうゆ小さじ1、塩こしょう)、ごま油少々

レシピ
なべにもやしとひたひたより少なめの水を入れ強火にする→沸騰したらすぐ火を止めなべのふたを使って水切りする→ごま油をのぞく調味料を入れ卵も割入れる→鍋を熱し卵をからませながら炒める→塩こしょう、ごま油を加える→いただきます。

○えのきのポン酢和え(簡単レシピ)

材料
えのき1パック、ポン酢適量

レシピ
えのきのいしづきの部分を切り落とす→手でほぐす→電子レンジ(ラップ無し)で2分〜4分、様子をみながらしんなりするまで加熱する→ポン酢をからめる(量はお好みで)→七味をふる→いただきます。

水曜日のレシピ

あく抜きが後!のほうれん草炒め(かんたんレシピ)

材料
ほうれん草1把、にんにく1かけら、

レシピ
ほうれん草を3等分に切る→スライスしたにんにくをフライパンでサラダ油でいためる→香りが出たらほうれん草を入れ塩を一つまみ、強火で油が回るまで炒める。
→ひたひたの水を入れしんなりしたら水を捨てる(しゃもじなどで抑えるようにして水をある程度しっかり切る)→強火で水分をとばし塩こしょう→頂きます。

※ほうれん草の甘みが引き出されます。

※多少アクが感じられるかもしれません。アトピーでかゆみが出る方や子どもさんには刺激が強いので先にアク抜きをしてから料理してあげてください。

○ ごぼうの丸煮(定番レシピ)

材料
細めのごぼう7、8本、だし昆布5センチ

レシピ
ごぼうは皮を剥き4センチくらいの長さに切りあく抜き→水気をよく切ってごま油で3分炒める→昆布を底に入れて水2/3カップをそそいで煮汁が半分になるまで煮る→しょうゆ大さじ1を加えて水分がほぼなくなるまで煮る→いただきます。

木曜日のレシピ

○ご飯にのせるとおいしいピーマン炒め(簡単レシピ)

材料
ピーマン1袋
調味料(砂糖大1、しょうゆ大1)

レシピ
ピーマンを縦に4つ割(大きければ6つ割)にする。種は取る→ごま油でいためる→調味料をまぜしんなりするまでいためる→かつおぶしをふる→頂きます。

○にんじんサラダ(がんばりレシピ)

材料
にんじん中2本、ツナ缶1、
調味料(マヨネーズ大さじ3、サラダ油小さじ1、酢大さじ1)

レシピ
にんじんをスティック状(細め)に切る→ボウルににんじんと汁を切ったツナ、マヨネーズ、サラダ油少々、酢、塩、こしょうを好みの分量入れて混ぜる→頂きます。
※にんじんのくせが気にならないので子どもさんでも食べやすいです。

金曜日のレシピ

○キャベツの卵煮(簡単レシピ)

材料
キャベツ1/4、水2カップ、
調味料(しょうゆ大1・みりん大1・スティックだし・塩ひとつまみ)
かつおぶし

レシピ
キャベツはざく切り。キャベツをしばらく煮たら調味料を入れる→最後にかつおぶしをふる→いただきます。

※春先のキャベツならぎりぎりまで水を減らし野菜の水分で煮るとおいしいです。

○ビネグレットサラダ(定番レシピ)

材料
じゃがいも中3コ(メークインが皮が剥きやすく時短です)
調味料(塩小さじ1/2、酢大さじ1、おろし玉ねぎ大さじ1、サラダ油大さじ2)

レシピ
じゃがいもを一口大に切りゆでる→粉ふきいもにする→熱いうちに調味料を合える。

※絶品ポテトサラダの出来上がり。
※玉ねぎをすり下ろした後の切り口が気になりますのでスライスして翌日のみそ汁の具も作ってしまいましょう。
※じゃがいもは多めにゆでて明日のおかずに使いましょう(例:みそ汁の具、じゃがいも入り卵焼きなど)

買った食材

新鮮なお野菜を週の最初に買って下さい。
だいたいこの順序で上手に使えると思います。鮮度に問題がある場合は途中で1度買い足す感じです。
○しいたけ1袋・れんこん1房・こんにゃく1枚・えりんぎ・ごぼう細め7、8本・ほうれん草・にんにく1かけら・もやし、えのき1パック、ピーマン1袋、にんじん3本、キャベツ1/4、じゃがいも中3コ

○卵・ツナ缶1
○特別な調味料
だし昆布、かつおぶし、粉末カレー粉、顆粒コンソメ、ポン酢

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

(illustrated by junko)


スポンサードリンク



Pagetop