アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を

全自動洗濯機


  • 全自動洗濯機

スポンサードリンク

全自動洗濯機で石けん洗濯はできるの?①

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。
右側のカテゴリーもどうぞご覧下さい。

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに洗濯をみなおすようになりました。(プロフィール

現在では石けんの残留やカビのない快適でエコな洗濯を二槽式洗濯機洗濯機利用てしています。

石けん洗濯と大変相性のよい二槽式洗濯機洗濯機についてはこちらをご覧ください。

全自動洗濯機と石けん

 

そもそも全自動洗濯機は合成洗剤使用を前提にした洗濯機です。

残念ですが石けん洗濯にはむいていません。

全自動洗濯機に石けんが向かない理由

①撹拌力が弱い。

石けん洗濯では石けんの泡立ちが洗浄力の目安になります。よく泡立てることが重要です。

ところが最近の全自動洗濯機は極端に撹拌力が弱いのです。
「ウィーン……… ウィーン………」と力なく回転します。

これは泡立ちを抑えるタイプの合成洗剤が主流になりつつあるからです。

そのため洗濯機の撹拌力が弱くなりました。

合成洗剤では問題がありませんが、石けんを入れた時はこの撹拌力では必要なだけ泡立たせることができないのです。

撹拌力が弱くなった(洗剤が泡立たなくなった)理由は、ライフスタイルが変わり洗濯機に何よりも「静かさ」が求められるようになったためです。

共働きなどで深夜や早朝に洗濯する人が多く洗濯機が静かであることが最重要になってきたのです。

②全自動洗濯機は洗濯槽にカビや汚れがたまりやすい。

洗浄力の弱い石けんは清潔な洗濯槽で洗うことが大前提です。

洗濯機そのものに汚れがあると、その汚れに洗浄力が奪われてしまうからです。

全自動洗濯機は自分で洗濯槽の裏側を掃除をすることができません。

一月に一度くらい酸素系漂白剤などを使って掃除をするパターンが普通ですが、それでは毎日清潔に保つことはできません。

合成洗剤よりも石けんの方が汚れが蓄積しやすいのであっという間に洗濯槽の裏側が真っ黒になります。

汚れた水でむしろ洗濯物を汚染しているような状況になります。

この洗濯槽の汚れにはカビも含まれるのでアトピーの方の肌には優しくありません。困るママ

③最初に低水位で石けんを撹拌する必要がある。

石けんをなんとか泡立たせるために、最初低水位で石けんを撹拌する必要があります。
この動作は手動でしなくてはなりません。全自動洗濯機を一部手動で使うのはかなり面倒です。

④3回ためすすぎをする必要がある。

合成洗剤使用の洗濯は2回すすぎが主流です。最近では1回でよいとうたう洗剤もでてきています。

石けん洗濯の場合はアトピーの方の肌を刺激しないところまですすぐためにはどうしても3回すすぎが必要になります。

洗濯物の量が極端に少なければ2回でも大丈夫ですが、一人暮らしの方などに限られると思います。

自動で3回できる機種は少ないようです。

手動なら3回にすることができる機種もありますが操作が煩雑になります。

「全自動」とは言えない使い方をすることになります。

また3回ためすすぎをすると時間がたくさんかかるところも全自動洗濯機で石けんを使う大きなデメリットです。

ちなみに二槽式洗濯機は一つ一つの動作が速いので全自動の半分くらいの時間しかかからずストレスにはなりません。

⑤最近は洗濯機に「節水」が求められているため、たっぷりの水が必要な石けん洗濯にはむいていない。

「節水」という時代のニーズに合わせて合成洗剤が進化しています。

そのため全自動洗濯機では少なめの水で洗濯をしています。

石けん洗濯はたっぷりの水が必要なので、水の量を増やすなど手動にする必要がでてきます。これもとても面倒に感じられる方が多いと思います。

それでも全自動洗濯機を使いたい

 

私はこの夏、全自動洗濯機を一月レンタルして色々実験してみました。

その結果やはり全自動洗濯機では石けんは使いにくい、というのが正直な感想です。

それでも部分的に手動にすれば石けんの残留なしに洗濯することができます。

ただし一月もしないうちに洗濯槽の裏側に汚れが蓄積するので安心して使うことができませんでした。

清潔で撹拌力の強い二槽式洗濯機の便利さをあらためて実感しました。

そうは言っても今の新築のマンションや戸建ては二槽式洗濯機がそもそも置けない構造になっています。

また二槽式洗濯機は使ったことがない、使い方がわからないという方のために、全自動洗濯機で石けん洗濯をする方法を次回ご紹介します


スポンサードリンク



Pagetop