アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 色々な洗剤をためしてみる

スポンサードリンク

アトピーに優しい?合成界面活性剤ゼロの洗濯用洗剤を徹底比較!

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。
右側のカテゴリー(スマホの場合は記事の最後尾)もご覧下さい。
検索窓もご活用ください。

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに洗濯をみなおすようになりました。(プロフィール

現在ではさまざまな工夫をして石けんやアルカリ剤を使い、カビや洗剤の残留のない洗濯をしています。(洗濯のカテゴリーをご覧下さい)

ただし石鹸洗濯には大きな問題があります。全自動洗濯機で扱うのはなかなか難しいのです(こちら)。

おすすめは石鹸と相性のよい二槽式洗濯機を使用することです(こちら)。アトピーに優しい洗濯ができます。

ところがこの二槽式洗濯機にも問題があります。誰でも気軽に使うというわけにはいかないのです。

最近の分譲のマンションや戸建の場合、最初から洗濯パンの形が正方形に決まっており長方形の二槽式洗濯機は置けないようになっているのです。

もちろんリフォームすれば置けますがそこまでするのはかなり大変です。

そこで石けん以外のアトピーに優しい洗浄剤をシリーズで探してみたいと思います。

とりあげる予定の洗濯洗浄剤

・バジャン
「汚れ落ちは合成洗剤以上! しかも界面活性剤ゼロで、洗浄液の中でメダカが泳げるほど安全!(第三者機関にて実証済)」と宣伝されている洗剤です。

成分は主に炭酸塩。いわゆるアルカリ剤です(こちら)。

バジャンの特徴、使い方、コスパなど詳しく調べてみました。本当にアトピーに優しい洗浄剤でしょうか。ぜひこちらの記事をごらん下さい。

※界面活性剤とは混じり合わない物質を溶け合った状態にする作用のある物質です。天然のものと合成されたものがあります。
そのなかでもとくに肌のバリア機能に悪影響を与えるのが石油系の合成界面活性剤と言われています。

・ランドリーナッツ
木の実の洗浄剤です。ソープナッツ、和名はムクロジといいます。
ソープナッツ(石けんの実)という名が示す通り昔から石けんとして使われてきました。

生活に密着してきた植物です。

木の実の皮の部分に天然の洗浄成分サポニン含まれており、汚れを浮かび上がらせて衣類をきれいにします。

自然の洗浄剤ということでその実力が気になりますね。
はたして洗濯物はきれいになるでしょうか。こちらに詳しくリポートしています。

・えひめA1
はじめて聞く名前でしたが、知人に誘われて作り方、使い方の講習会へ行ってきました。
愛媛県産業技術研究所というところで開発された「環境浄化微生物」です。

材料はパンをつくる時の酵母、納豆、ヨーグルト、砂糖のみ。すべて食べられるものなので安全性は高いですが洗浄力はあるのでしょうか。そして取り扱いは簡単でしょうか。

またえひめA 1を使うことにより河川の水質向上や汚泥削減、消臭等の効果があるそうです。夢のような洗浄剤ですがもし大量に河川に流れても自然を破壊しないのかなど調べてみたいと思います。

・松の力
知人に教えてもらった洗浄剤「松の力」は松の樹液に含まれる脂肪酸からうまれた界面活性剤です。

泡切れがよくすすぎは1回でも大丈夫。食器洗いから洗濯までさまざまに使えるそうです。

肌に優しい洗浄剤か、また製品化の過程で地球環境を破壊していないかなど調べる予定です。

・竹炭の洗い水
天然成分100%の洗濯洗剤。
お肌にやさしくエコロジー、なのに経済的。しかも抜群の洗浄力とうたわれている洗浄剤です。すすぎも1回で OKだそう。とても気になります。

昔の人は灰汁(あく)のアルカリの性質を使って洗濯をしていました。
灰汁というのは灰に水を注いでできた上澄み液。江戸時代は炊事で火をおこした時に出た灰をためて洗濯に使っていたそうです。

「竹炭の洗い水」というのはそんな知恵をいかした洗浄剤だそうです。

天然成分なら洗浄力が弱いのでは?と疑問が生じます。じっくり検証してみたいと思います。

 

その他「この洗浄剤もためしてほしい」という商品がありましたらぜひ教えて下さい。よろしくお願いします。


スポンサードリンク



Pagetop