アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • アルカリ洗濯

スポンサードリンク

バジャンはアトピーに優しい洗剤? 使い方と洗浄力を検証してみた

当ブログではアトピー改善におすすめのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホは記事の最後尾)もご覧下さい。

アトピー改善にこちらの記事もよろしかったらぜひお読みください。

○アトピー肌におすすめ。宇津木式なにもしないスキンケア→脱保湿のスキンケア

○飲んだ翌日から肌荒れがぴたりと解消。至近距離で見られても大丈夫。腸に届く→人参りんごジュースの効能

○アトピー改善には脱ステ&脱保湿。おすすめの本→「9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに洗濯をみなおすようになりました。(プロフィール

現在ではさまざまな工夫をしてアルカリ性洗剤や石鹸を使い、カビや洗剤の残留のない洗濯をしています。

ただし石鹸洗濯には大きな問題があります。全自動洗濯機で扱うのはなかなか難しいのです(こちら)。

おすすめは石鹸と相性のよい二槽式洗濯機を使用することです(こちら)。アトピーに優しい洗濯ができます。

ところがこの二槽式洗濯機にも問題があります。誰でも気軽に使うというわけにはいかないのです。

最近の分譲のマンションや戸建の場合、最初から洗濯パンの形が正方形に決まっており長方形の二槽式洗濯機は置けないようになっているのです。

もちろんリフォームすれば置けますがそこまでするのはかなり大変です。

そこで石けん以外のアトピーに優しい洗浄剤をシリーズでご紹介しています。

バジャンってどんな洗剤?特徴は?

今回は「バジャン」を取り上げます。使うのははじめてです。一ヶ月使用して後日また報告します。

「汚れ落ちは合成洗剤以上! しかも界面活性剤ゼロで、洗浄液の中でメダカが泳げるほど安全!(第三者機関にて実証済)」と宣伝されている洗剤です。

私の妹が長年快適に使い続けています。

成分は主に炭酸塩。いわゆるアルカリ剤ですね(こちら)。

アルカリ性は弱い方から順に、重曹→セスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)→炭酸塩(バジャンの主成分)→過炭酸ナトリウム(いわゆる酸素系漂白剤)となります。

炭酸塩からはアルカリ性が強くなります。直接さわるとぬめっとするので手袋が必要です。

バジャンはアルカリ洗濯を代表するアルカリウォッシュよりもパワーがあるということです。

アルカリ剤は無機物なので環境に放出されても生分解する必要はなく、環境に負荷をかけにくいと言われています。そのため「メダカがすめる」ということになるようです。

バジャンが届いた。気になるコスパは?

バジャンは自然食品の店で見かけますが、近所にはそういう店がないのでネットで注文しました。
これは「たて式洗濯機用」のものです。

バジャン

バジャン説明-1

バジャン説明2

バジャン説明3

『バジャン1.2kg』1598円、界面活性剤フリーの洗濯用洗浄剤

ドラム式洗濯機には「ドラムバジャン」があります。

ドラムバジャン600g・1234円

フタをあけると「微粉末のため粉舞いにご注意下さい。」と注意書きがあります。
早速すいこんでくしゃみが出ました。
気になる方はマスクをして計って下さい。

バジャンの粉舞い

バジャンの中身

今回ははじめてなので洗濯物も正確に計りました。

洗濯物を正確にはかってみた

はじめて使う洗剤は、分量や時間、温度などきちんと守ることをおすすめします。

合成洗剤はある程度いい加減な扱いをしても十分能力を発揮します。

ところが肌や環境に優しい洗剤は洗浄力がそもそも弱いので、その力を最大限に引き出すためには諸条件を整えてあげることが大事です。

最初正確にすれば次からはだいたいで大丈夫です。

洗濯物は2kg弱でした。大人3人の1日分です。何もかもすべて含めてこの量です。我が家の洗濯物はとても少ないと思います。洗濯物の量が少ないことは洗濯にとって大事なので工夫してへらしています。

洗濯物をはかりに乗せる

バジャンのコストパフオーマンスを調べてみました。
条件は、
・洗濯物2kg
・水30リットル
・バジャン24g使用

コスパは、
・1200g÷24g=50回分。
・1回の料金:32円。
・1月の料金:960円。

  バジャン サンダー・レッド 一般的な粉石鹸 アルカリウォッシュ
1回  32円 60円  平均30円 10円
1月 960円 1800円 900円  300円

我が家は洗濯ものが少ないのでバジャンはこのコスパですが普通はもう少し高くなります。

それなりの値段になりますから、バジャンではなく炭酸塩だけでもよいのでは?と思いましたがバジャンには「再汚染防止機能」というものがついています。

「無機塩系の洗浄剤に持たせる事は不可能とまで言われていいましたが、バジャンは世界で初めて「再汚染防止機能」を持たせる事に成功しました。この技術は、2003年に特許第3481615号を取得しています。」

このへんが値段の秘密でしょうか。

それでももし、きれいに洗えて肌に優しいならこれくらいは払ってもよいと思います。

バジャンで洗濯したら意外な結果に

12月なので水温が低く、0度を指していました。

「10度以下の場合はバジャンをあらかじめ洗面器などを使いぬるま湯で溶かす」と書かれていますのでぬるま湯を用意しました。

10度以上の水で洗う

紙の軽量スプーン。しっかりしていて使えます。

バジャンの計量スプーン

バジャン投入。

バジャンを入れる

よく混ぜました。

バジャンをよく混ぜる

洗濯機に少し水を張ります(10リットルくらい)。

バジャンを洗濯槽に入れる

3分くらい撹拌します。

バジャンを撹拌する

全自動洗濯機の場合は低水位にする機能があれば最初ぜひ撹拌して下さい。バジャンは溶け残りしやすいようです。

それが無理な場合は標準コースで洗濯して下さい。粉は洗濯槽に直接ぱらぱらと振り入れます。(粉末洗剤を入れるケースを使用するときれいに空になる場合とならない場合があるそうです)。

その後30リットルまで水を入れて「洗い」の工程へ。7分撹拌しました。

バジャンで洗う

すすぎ1回目の水の様子。

バジャンのすすぎ液1回目

すすぎ1回目の水のにごり

「すすぎは一度でいい」と書かれているバジャンですがこんなににごった状態です(5日実験しましたが同じでした)。

極端に汚れた洗濯物はありません。洗濯槽もきれいな状態です。条件はよいはずです。

底が見えないくらいにごっています。
とてもこれで洗濯終了とは思えませんが…

バジャンのサイトで調べるとQ&Aコーナー

「すすぎは本当に1回でいいの?」という質問がありますが、

・界面活性剤のような残留性のある成分を使用していない
・再汚染防止機能(特許)がある

という理由で1回で十分かつ安全と書かれています。

バジャンは安全性という点では水がにごっていても問題がないようです。

ただすすぎが1回ではアトピーの方には足りないのではないかなと疑問を感じます。

2回目のすすぎは急にきれいに澄みました。
それでもまだ少しにごっています。

2回目のすすぎの様子

2回目のすすぎの水のにごり

3回目はこれだけ澄んだので十分だと思います。

3回目のすすぎの様子

3回目のすすぎの水のにごり

いろいろな洗剤をためしていますが、どの洗剤でもアトピーの方は念入りなすすぎがおすすめです。

バジャンの再汚染防止機能が本当にすぐれていればすすぎの回数が少なくてすみますので、今後調べたいと思います。(3回目の記事に記載しましたが、バジャンのすすぎは基本的に1回で大丈夫です)。

アルカリ性洗剤バジャンのメリット・デメリット

メリット
・汚れはよく落ちている気がする。
・よい意味で無臭。
・黒いTシャツにも溶け残りなし。
・洗濯物が硬くなるような印象もなし。

・バジャン自体に軽い漂白作用があるので、使っているうちに洗濯機がきれいになる。
・石けんのようなカスがないので洗濯槽の裏側がカビだらけになるという心配も軽減される。

デメリット
・アトピーの方は低刺激の重曹で洗濯している方が多いことからもわかるように、炭酸塩が主成分のバジャンは刺激が強いかもしれない。すすぎは念入りにしたほうがよいか?
・合成洗剤とくらべると値段は高い。

使い心地はとてもよいです。
安全性と洗浄力。この矛盾を解決してくれる洗剤かもしれません。

一月後にもう一度報告します(こちら)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○体質改善は食事から。シンプルな食材ですぐできる→簡単レシピ

○洗濯を上手にするためには洗濯物の量を減らすことが一番大切です。身近なあるものを使って洗濯ものを劇的に減らせます。アトピーの洗濯の悩み限りなくゼロに。→洗濯のアイデア

○アトピーが悪化する驚くべき理由とは→合成洗剤や柔軟剤は今すぐやめよう


スポンサードリンク



Pagetop