アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 洗濯のコツ

スポンサードリンク

すすぎで洗剤を残さない6つの工夫(家族の協力)ーアトピーと洗剤⑫

当ブログではアトピー改善におすすめのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホは記事の最後尾)もご覧下さい。

アトピー肌におすすめは→脱保湿のスキンケア

アトピーならこの方法で!→洗濯のアイデア

子供さん守る→ダニ・ほこり・カビをカット

体質改善は食事から→簡単レシピ

検索窓(スマホは記事の最後尾)もご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに食事をはじめとした生活習慣全般をみなおすようになりました(プロフィール)。

現在では石鹸やアルカリ性洗剤を使って洗剤の残留やカビのない快適でエコな洗濯をしています。

今回は洗濯のコツ【アトピー改善には手ぬぐい】シリーズの12回目です。

11回目「すすぎで洗剤を残さない。珪藻土マットのすすめ」続きです。

石鹸洗濯やアルカリ洗濯の成否は洗濯物の量にかかっています。

石けんや水、洗濯機にこだわるまえに洗濯物の総量を減らして下さい。

④トイレ、キッチンなどのマット類をやめる

マットを敷く理由を考えてみました。

・インテリアとして
・床が汚れるのをふせぐ
・足が冷たいから

ご年配の方の家ではよくマット類を見かけます。

マット類にはあたたかい家庭の象徴みたいな役割があるのかもしれません。

母の家にはたくさんのマットがあります。

玄関マット、部屋の入り口にもなぜかマット。
もちろんお風呂にはバスマット。

キッチンにはとても長いマット。
トイレにもふかふかマット。
2階も同じく。

理由を聞くと「ないとさみしいでしょう。殺風景だから」という答えでした。

インテリアとして楽しむのはいいのです。

ただし汚れ防止で敷く場合は問題があります。

毎日洗えないので不衛生だからです。

もしマットがなければ汚れたら床をふくだけですみます。簡単です。

寒いという理由でマットを敷いている場合は、マットをやめてあたたかいスリッパを用意して下さい。

マットをやめると洗濯ものが減り洗濯が楽になります。

⑤パジャマについて

パジャマを毎日洗っている方も多いと思います。

子どもさんのパジャマや汗をかく季節は仕方ないですね。

でもそれ以外は毎日洗う必要はありません。

もし無意識に洗濯機に入れているならご自分が快適と思う頻度を考えてみて下さい。

週に2、3回で問題ないはずです。

⑤洗濯物を減らすにはご家族の協力が大事

少しだけ着たものをすぐ洗濯機に入れるのは置く場所がないだけの場合があります。

畳むのが面倒なのでなんでも洗濯機に入れてしまうのです。とくに男の子はそうですね。

そういう場合は「ちょっと置き場」を1人1人につくってあげて下さい。
かごを一人に一つ用意しましょう。

⑥分厚い生地のTシャツをやめて薄めの生地のものを選ぶ。

Tシャツはタオルの次に乾きにくく生乾き臭がつきやすい衣類です。

少し薄手の生地のものを選んで下さい。

洗濯の負担をグンと減らすことができます。

一回の洗濯物の量

我が家は夫、私、高校生の長男の三人家族です。

洗濯物は平均1.5kg(夏をのぞく)。1.2キkgしかない日もあります。これはかなり(驚くほど?)少ない量だと思います。

4.2kgの洗濯機でゆうゆう1回で洗えます。洗濯物がたっぷりの水の中で撹拌されます。

1回目のすすぎの様子

洗濯物を減らすコツ①〜⑥を実行すると洗濯物が今までの半分くらいになります。

少なければ少ないほど上手に洗えるようになります。洗濯が楽しくなります。

ちなみにネットの質問コーナーで色々なご家庭の洗濯物の量が出ていましたのでひろってみました。

○4人家族(幼児2人含む) 6キロの洗濯機に満杯。2回まわすこともある。

○5人家族(夫婦、小学生、幼稚園児、1歳児) 8キロの洗濯機に満杯で1回か、2回。

○4人家族(夫婦、園児1人、乳児1人)7キロ洗濯機で1回。1回で済むよう詰め込んでいる。

○5人家族(夫婦、小学生×二人、幼児一人)
・洗濯機4.5リットルのやや小型
・毎日バスタオル5枚、タオル10枚前後…
 毎日洗濯機を4〜5回まわす。

満杯で洗っている場合は汚れが落ちていません。

全自動洗濯機では最後のすすぎ液が見えないので気がつきませんが洗剤がたくさん残留しています。

これでは洗濯物を汚すために洗濯しているようなものです。

とくにエコな洗剤、石鹸などできれいに洗えるのは洗濯機に6分目くらいの分量です。

余裕のある状態で洗濯物がゆうゆうと泳ぐ洗濯をする必要があります。

洗濯物を減らすと生乾き臭や黄ばみのない洗濯が実現します。

エコ洗濯をはじめる方はここからはじめてみてください。

ただし最近は石鹸より使いやすく環境にも優しいアルカリ剤も大変おすすめです。

○水と竹の成分だけでできた驚きのアルカリ洗剤「竹炭の洗い水」。肌に優しいのに汚れがよく落ちます。環境にも大変優しく今一番おすすめの洗剤です→竹炭の洗い水

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アトピー改善にこちらの記事もよろしかったらぜひお読みください。

アトピー肌におすすめは→脱保湿のスキンケア

子供さん守る→ダニ・ほこり・カビをカット

体質改善は食事から→簡単レシピ

(illustrated by junko)


スポンサードリンク



Pagetop