アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • 水だけで洗濯(洗剤無し)

スポンサードリンク

【アトピー改善には水洗濯②】水だけの洗濯ってどうなの?そのメリットとデメリット

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。

右側のカテゴリー(スマホの場合は記事の最後尾)もご覧下さい。

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら

検索窓もご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに生活習慣をみなおすようになりました(詳しくはこちら)。

とくに合成洗剤を使った洗濯の洗剤の残留やカビの肌への影響が気になり(洗剤の残留の記事はこちら)、20年かけてさまざまな方法を試してきました。

現在では石けんの残留やカビの心配がほどんどない快適で安全な洗濯をしています。

今回は「水だけの洗濯」のレポート第2回目です。

2016年2月からはじめた水洗濯(洗剤無し・石鹸無し、水のみの洗濯)、前回(こちら)1月たったところでリポートしましたが、それからまた1月過ぎました。

洗剤を使わない洗濯を2月続けた結果

水だけで洗い続けてみました。何か問題が出てきたでしょうか?

臭いに関しては外干しをしていれば大丈夫です。

黄ばみ、黒ずみに関しては少し問題が出てきました。

黄ばみはありませんが、真っ白が肌着はワントーンくすんだ色になりました。

半年くらい前から着ていた肌着なので少しづつ汚れが蓄積した結果だと思います。ただ石けん洗濯やアルカリ洗濯の時よりもくすみ(なんとなく黒っぽくなる感じ)が強いようです。

これは予想していたことですがやはり水のみでは少々パワー不足のようです。

逆に良い面は洗濯槽が汚れないことです。

石けんを使うとホースの接続部分や洗濯槽の裏側にドロドロした汚れがたくさんつきますが、水だけの場合は本当にきれいです。

石けんカスが発生しないため洗濯槽をきれに保つことができ、アトピーの大敵であるカビの発生を抑制することができます。

水だけの洗濯を2月続けると白い洗濯物にくすみが出ましたが、それ以外の部分は大きな問題はないようです。

アトピーで困っている方、肌が弱くて刺激のない洗濯物をどうしても着たいという方には水洗濯をおすすめします。

洗濯物

洗剤を使わないで洗濯するコツは?

洗剤なし、水だけで洗濯を快適にするコツは二つ。

・外干しをする。

・白い衣類はできる限り着ない。

もう一つおすすめは、水だけの洗濯をメインにして時々石けん洗濯をすることです。

私は水洗いのみの洗濯を開始して2ヶ月目に時々石けん洗濯をするようになりました。それは気候があたたかくなり長男が学校の体育で白いTシャツを着るようになったからです。

「白い衣類はできる限り着ない」と言っても子どもさんやご主人様は難しいですよね。

下着も小中学生のうちは白を着ることが多いと思います。

解決方法は時々石けんを使うことです。

やはり石けんを使うと洗濯物の汚れがしっかり落ちます。

汚れがしっかり落ちた分、すすぎの水が完全に透明になり気持ちがいいものです。

アルカリ洗濯(こちら)に関しては水だけ洗濯とどれくらい違いがあるのかこの二ヶ月で疑問を持つようになりました。

皮脂汚れや汗にはアルカリ剤を使った方が水だけよりも若干効果がある…という程度かなと感じています。

ただしアルカリ剤でもこちらの洗剤は大変興味深いです。ぜひお読みください。→(バジャン

「水だけの洗濯」はこれで終わります。次回は洗濯の悩みがみるみる解決する「アトピー改善には手ぬぐい」シリーズです。

脱保湿のスキンケアに関する記事は→こちら

肌に優しい洗濯のアイディアは→こちら

ダニやほこり・カビから守る掃除・片付け→こちら

体質改善は食事から。和食のすすめは→こちら


スポンサードリンク



Pagetop