アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を


  • アルカリ洗濯

スポンサードリンク

アルカリ洗濯はアトピーにいいの? メリットとデメリットは?

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。
右側のカテゴリー(スマホの場合は記事の最後尾)もご覧下さい。
検索窓もご活用ください。

20代の頃の原因不明の皮膚炎や今に続くさまざまなアレルギー症状、また長男の乳児湿疹や喘息をきっかけに洗濯をみなおすようになりました。プロフィール

現在は工夫をして石けんで快適な洗濯をしています。(洗濯のカテゴリーをご覧下さい)

今回は第三の洗濯方法アルカリ洗濯について書きます。

アルカリ洗濯とは?

洗濯の洗浄剤は大きく分けて3種類あります。

○合成洗剤(合成界面活性剤は洗濯物に残留しやすく肌への負担が心配なのでおすすめできません)

○石けん(おすすめの洗濯剤です)

○アルカリ剤【重曹、炭酸ソーダ(炭酸塩)、セスキ炭酸ソーダ、過炭酸ナトリウム(酵素系漂白剤)などいろいろあります←名前がややこしいですね…】

私が今までしてきた洗濯は、

①全自動洗濯機で合成洗剤を利用。
 合成洗剤のにおいや刺激が気になる。

②全自動洗濯機で石鹸洗濯。
 石鹸カスに悩まされる。

③二槽式洗濯機で石けん洗濯。
 現在はこの方法で快適に洗濯をしています(こちらのシリーズ)。

ところが二槽式洗濯機で石けん洗濯をしているうちに、なんと世の中が大きく変わっていました。

洗濯に新たなエースが加わっていたのです。アルカリ洗濯と言われる分野です。

アルカリ洗濯に全く気がつかなかったのは、二槽式洗濯機+石鹸の洗濯方法が抜群の相性なので他のものに目が行かなかったからだと思います。

調べてみるとアルカリ洗濯は、

・人や環境に優しい
・それなのに思いの他汚れがよく落ちる!

という驚きの洗濯剤です。

重曹、炭酸ソーダ(炭酸塩)、セスキ炭酸ソーダ、過炭酸ナトリウム(酵素系漂白剤)など、アルカリ剤とよばれるものに洗濯物をつけ込んで洗います。

特徴は、
・垢や汗、食品の汚れなど油系に強い。
・すすぎは1回でいいと言われている。

夢のような洗濯ですね。実際はどうでしょうか。

アルカリ洗濯の方法

そもそもアルカリ剤を洗濯に使う理由は油分はアルカリで溶けるからです。アルカリ性が強い方が洗浄力があります。アルカリ剤にはいろいろな種類があります。おおまかな特徴をご紹介します。

①重曹:アルカリ性が弱い。水に溶けにくい。洗浄力も弱く洗濯にはむかない。
   ただし刺激が弱いのでアトピーの方で洗濯に愛用している方は多い。掃除などにも使える(別記事で書きます)。
※おすすめはこちら。

②セスキ炭酸ソーダ:弱いアルカリ性。水に溶けやすい。アルカリ洗濯におすすめ。ただしすすぎをしっかりしないと肌に刺激がある。
※おすすめはこちら。

③炭酸ソーダ(炭酸塩):比較的アルカリ性が強い。水に溶けやすい。手袋が必要。

④過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤):漂白剤として使用。毎日の洗濯に使う人もいるがアトピーの方はやめた方がよいと思います。私は肌がかゆくなります。
※洗濯以外の使用ならおすすめです(別記事で書きます)
おすすめはこちら

洗濯におすすめのアルカリ剤は②のセスキ炭酸ソーダです。

6arukari-28arukari-setumei-1

30リットルの水に対して20g使います。

7arukari-hakaru

1回あたりのコスパは10.7円。

ちなみにミヨシのそよ風という石鹸は1回あたり21円です。

我が家は洗濯物が少ないので(洗濯物を減らすコツ)使用する水は30〜40リットルですみますが普通はもう少し多くなると思います。

※おすすめの使いやすいミヨシの石けん

アルカリウオッシュはもし洗濯に使えなくてもエコなお掃除(あらためて書きます)に使えるので1袋買っても無駄にはなりません。

溶かし方
水にさっと溶けるので洗濯物と同時。

溶かし方

洗い方

靴下の汚れやえりの汚れはおちない。石鹸で別洗いをしておく。

洗濯物とセスキ炭酸ソーダを入れて1分撹拌する。
その後3時間から一晩洗濯槽でつけておく。
※つけおきに合わない衣類もあります。注意書きをよく読んで下さい。例:ポリエステル、ナイロン、絹、ウールなど。

つけ置き後、3分撹拌する。すすぎは1回でよいと説明書などには記載されている。ただしアトピーの方は3回した方がよいと思います。

10susugi-1

アルカリウォッシュ洗濯(セスキ炭酸ソーダ洗濯)を半年続けた結果

セスキ炭酸ソーダ洗濯を半年続けたことがあります。

気になったのはすすぎの水のにごりです。1回ではかなりにごったままです。どうして「1回でよい」とうたわれているのかわかりません。

11susugi1-nomizu

我が家は二槽式洗濯機なので毎回水の様子をチェックしているのでよく分かるのです。

全自動洗濯機は最後にふたをあけた時水がない状態なので確認することができません。きれいになったのか汚れたままなのか判断できないのです。水がある状態の様子をみることをおすすめします。

セスキ炭酸ソーダの洗濯は3回すすいでやっとなんとか透明になる感じです。

13susugi3-nomizu14saigonomizu

アルカリ剤が残っているのか汚れが残っているのかはわかりませんが、どちらにしても肌への刺激になりアトピーの方にはおすすめできないと思っています。

8arukari-setumei-2

その他一晩つけ置きするという洗濯方法も洗濯槽にカビがはえないかとても心配です。

また洗濯物が少し硬くなる印象があります。すすぎに柔軟剤代わりにクエン酸を入れてふせぐとよいと書かれていますがあまりいろいろ入れたくないと思います。

最初のうちは快適に洗えますが長く続けると白い洗濯物がなんとなく黒ずんできます。

部屋干しが続くと生乾き臭もします。

3回に1回くらい石鹸洗濯をするというのがメーカーのおすすめの洗い方です。つまり強い洗浄力はないということですね。

私は常に水の様子を目視して洗濯していますが、石鹸洗濯の方がアルカリ剤より水がきれいに澄みます。
石鹸はパワフルなのでしっかり汚れが落ちているようです。

アルカリ剤は汚れが中途半端に落ちている印象がします。

もしかすると水だけで洗濯(こちら)するのとそんなに変わりがないかも???

とは言え、石鹸洗濯がめんどうな時や時間がない日はセスキ炭酸ソーダで洗濯をします。

皮脂汚れに強いので汗をかいただけの下着類やあまり汚れていないシーツなどをさっと洗ったりするのにはおすすめです。

洗濯物が少ない日にもよいですね。

夢のような洗濯剤の登場かと思いましたが以上の理由で我が家ではピンチヒッター的存在、いまでも石鹸洗濯がメインです。


スポンサードリンク



Pagetop