アトピー改善には治療より食事を薬よりカビと添加物のない生活を

引き出しの片付け


  • アトピー子をカビほこりから守る掃除・片付け

スポンサードリンク

【アトピーが改善するミニマムライフ④】「片付けられない人」をミニマリストにするたった一つのキーワード

当サイトではアトピー改善のためのライフスタイルをご提案しています。
カテゴリーもどうぞご覧下さい。

 

私は10代の頃からさまざまな肌トラブルやアレルギーに悩まされてきました。

 

脱ステロイドで1年以上苦しい思いをした時期や、長男の喘息に悩まされた日々もありました。

 

今回はミニマリスト(ミニマムライフ)がアトピーを改善するという記事をシリーズで書いています。

今日はその4回目です。(1回目はメリット、2回目はデメリット、3回目は「人生が豊かになる禅、シンプル方づけ術」という著書をご紹介しました。)

 

ミニマリストとは、

「必要なものしか持たない」暮らし、「シンプルな持ち物で身軽に生きる」暮らしのことを言います。

 

ミニマムライフがアトピー改善に有効なのはハウスダスト(ほこり)やカビがたまりにくいライフスタイルだからです。

 

ハウスダストそのものがアトピーの原因というわけではありません。

ハウスダストの刺激で症状がひどくなる可能性があるということです。

アトピーの方はできる範囲で減らす工夫をした方がよいと思います。

また掃除や探し物、整理整頓に時間を使わなくてよくなり、さまざまなストレスから解放されます。

ゆっくりご飯をつくることができるなどたくさんのメリットがあるのでおすすめです。

 

ミニマリストになるための片付けのコツ

断捨離やミニマリストが大流行ですね。

「持たない」ことが新しいライフスタイルになった感じがします。

ところで「断捨離」や「人生がときめく片付けの魔法」など注目の一連の本を私は読んだことがありません。

ブームになるずっと前、二十歳の頃から熱心に「片付け」に励んでいたからです。

自分なりの基準でものを減らしています。

それは誰でもできる簡単な方法です。

 

①イメージする

②〝色〟に注目する

③実際の片付け

 

ミニマムライフへの第一歩はイメージすること?

片付けが苦手な方は「片付け」と聞いただけですぐに嫌になってしまうのではないでしょうか。

発想を変えてまずは「憧れ」「到着点」「お手本」を持ってくださいね。

「こんな部屋で生活したら違う自分になったみたいですてき!」

「休みの日は子どもときれいな部屋でほっこりしたいなー」

「趣味の絵を描くスペースがあったらいいな」などなど、具体的にイメージを映像化してほしいのです。

自分がすてきだと思う部屋の写真を探してみてください。本屋さんに行ってインテリアの雑誌を買ってくるのがおすすめです。

そして壁に貼りましょう。イメージすること、これが部屋を片付ける第一歩になります。

 

私が今持っているのはこの本です。

パリ、素敵な一軒家の暮らし

 

本屋さんでなんとなく気に入って数年前に購入しました。

いつも目につくところにおき時々手にとってみます。

理想のきれいな部屋になれるよう心をトレーニングします。

きれいな部屋にするためには色に注目!

 

部屋がごちゃごちゃしている方はまず、どういう雰囲気にしたいのか決めてください。

 

シンプル。すっきり。テーマカラーはブルー。

シンプルな部屋

 

緑を中心にあたたかい感じ。

キッチンの見本

 

木彫とメタルを合わせてクールな雰囲気…

キッチン

※写真は「パリ、素敵な一軒家の暮らし」より

 

新しく家具を買ったりする必要はないんです。

・ものを減らす+カーテンやクッションで色を印象づける

それだけですっきり美しい部屋になります。

 

片付いた部屋

 

我が家は明るい木彫を基調にカーテンなどで変化をつけています。

ものが少ないので色味がしぼられ、美しい空間を演出することが可能です。

カーテン、クッション、小物を少し変えるだけでどんな雰囲気の部屋にも変えることができます。

 

冬はソファーカバーを真っ赤にしています。

 

さあ、ものを減らしてみましょう。

なりたい部屋のイメージができました。あとはそれに近づけるだけです!

ごちゃごちゃ大量のものを持っていては色も形も氾濫してそのイメージに近づくことはできません。

とにかく不要なものを減らして部屋を片付けましょう。

 

とは言っても片付けるの難しいですよね。何度も挫折しているという方もたくさんいらっしゃると思います。

 

でも大丈夫。とても簡単なキーワードがあるんです。ためしてみてください。

思い出の品も誰かに頂いたものも捨てずに片付くキーワードです。

 

それは、

「迷ったものは必要がないもの」

ということばです。

 

どういうことかご説明しますね。

 

例えば机の引き出しの中を片付けるとします。

一年に一度使うか使わないかという万年筆が出てきました。

でも見た瞬間「これはいる」と思いました(迷いませんでした)

そういうものは残してください。

それは今使っていなくてもあなたにとって必要なものです。

 

この山を見て

ピンの山

 

私は「どうしようかな」と迷いました。

・全部は使わない。
・でも処分するのが面倒だしもったいないな…
などなど。

 

ここがポイントです。

「迷ったものは必要がないもの」なのです。

逆に言うと、

本当に必要なものは一瞬も迷いません。

迷った時点でそれはいらないものなんです。

 

○捨てるかどうするか迷う=必要のないもの。
○捨てるかどうするか迷わない=必要なもの。

この物差しを使うと相当処分できます。

食器や文房具などそれほど愛着がないものやかわりがきくものからはじめてみてください。どんどん処分できるはずです。

 

さっきのクリップの山は本当に必要な数を計算してください。
一度に壁にはる紙の量から決めましょう。

それを残して処分しましょう(いらない物の処分方法はたくさんあります。次回書きますね)。

 

これだけあれば十分です。

残したピン

 

ずいぶん減りました。

 

迷っても残してよいもの3種類

迷っても残してもいいものもあります。

 

○思い出系は残していい

思い出の品

小さい頃長男が好きだった絵本のキャラクターです。

今の私には必要のないもので迷ったけど、思い出系はとっておいて大丈夫です。

 

○人とのつながり系も残していい

たとえば二度と着ることがないと思う派手な着物も残してあります。

 

見るたびに「どうしようかな。もう着る事ないし」と迷うのです。

だからこれは本当は処分の対象です。

でも、でも…

なかなか処分できないものありますよね。

この着物を見ると買ってくれた母の顔がチラチラします(笑)

 

母は「将来お嫁さん(孫の)が着るかもよ」なんて言います。

そういう「人とつながりのあるもの」もしばらく大事にしておいてまた数年後に決めてください。

 

とにかく迷わず処分できるものからはじめましょう。無理はしなくて大丈夫。

 

そして選別し慣れてくると「思い出系」「つながり系」も上手に処分できるようになってきます。

片付けもやはりトレーニングが必要なんです。

 

○ストック品も残していい(条件付き)

例えばペン類。

だぶって買ったり頂いたりいつの間にか増えました。

これもさっきの基準で選別してみます。

ペン類

見た瞬間迷わずとっておこうと思ったものだけが必要なものです。

万年筆、のり、修正液、カッターなどは全部いります。迷いません。

 

迷うのはたくさんある筆ペンです。

迷う理由は、

・捨てるのがもったいない
・でもいつか必ず必要になる
・だけど今本当に必要なのは1本か2本だけ。
・全部とっておくとごちゃごちゃしてこまる。

一瞬でも迷ったならあなたにとって必要なものではありませんよね。

 

だけどこの筆ペンはさっきのクリップ類とはちょっと違います。

クリップ類は将来もあんなにたくさん使うことはほぼありえません。だから処分しました。

でも筆ペンは、インクが切れたら次のを買います。ということは今不要でも未来に必ず必要になるものです。

そういうものは「予備」としてある程度とっておくのも可です。

ただし、家中を片付けて「ストック棚」が確保できたらです(ここが大事です)。

同じ引き出しの中にストック品も入れるとごちゃごちゃしてミニマムライフにはなりません。

 

ストック品

※ストック品はまとめて違う場所に保管

 

今の時代はいつ台風や地震がくるかわかりません。

ものが手に入らなくなる可能性もあります。

ミニマリストといえどもたくわえも必要だと思っています。

我が家は家中を見直してものの総量を減らしたおかげで、収納スペースがたくさんできました。

一箇所にまとめてストック品をおいています。

ストック棚

 

引き出しは選別した結果こんなにすっきりしました。二度と片付け不要です。

 

引き出し片付けた結果

 

片付けをする前の様子(定期的に片付けをしていました)。

ごちゃごちゃの引き出し

ストック品を持ちながらもすっきりミニマムに暮らす、ちょっとやってみたくなりませんか。

 

まとめ

迷ったもの→処分する

迷ったもの→「思い出系」「人とのつながり系」は捨てられない場合は当面とっておく
迷ったもの→将来必要になるものならストック品としてある程度なら別にとっておく

 

思い出系、人とのつながり系、ストック品以外の「迷った!」ものは本来処分したほうがいいものですね。

でも今までの習慣でどうしても処分できない…と悩む方は、ここで最初に用意したものが役に立ちます。

壁に貼った理想の部屋の写真です!

理想の部屋

その写真を見てください(片付けられるようになるための心の筋トレです)。

理想に近づくために「迷ったもの」を処分する勇気を出してくださいね。

 

次回は気持ちよく処分するための数々の「処分(ものの生かし方)」の方法を書きます。


スポンサードリンク



Pagetop